「人を動かす伝え方」中谷 彰宏

| このエントリーをはてなブックマークに追加

人を動かす伝え方

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■中谷さんは、いつものように軽やかに、
 「これなら伝わる」をテーマに、
 語っていきます。


 まずは、職場でどう伝えるのかが、
 大切でしょう。


 ポイントを押さえて、
 根拠を示しながら、
 実際にやりながら教えてあげるのが、
 効率的ではないでしょうか。


・書かれたものより、
 目の前で書きながら(p79)


■そして、言葉も大切です。


 どう表現するのか

 何をネタにするのか。

 どう伝えるかで、
 伝わり方が変わるのですね。


・「昨日さ・・・」と言われたほうが、
 「そういう経験、あるある」と伝わります(p156)


■私はやっぱり自分の体験を
 ストーリーで伝えるのがいいなと思いました。


 仕事も人生も人間関係ですから、
 伝え方が大切ですね。


 中谷さん、
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・丁寧すぎると、伝わらない。・・・
 「ローソンの角を曲がる」とだけ書けばOKです(p29)


指示は、「なぜならば」で伝わる(p106)


・「ここがいい」より
 「ここが好き」(p63)


・「七人の侍」は強そう。
 「7、8人の侍」は弱そう。(p42)


・「電子レンジで温めるだけで、香ばしい食感が得られます」
 と言うより、
 「チンするだけで、サクサク」(p97)


・一番熱心に聞いている人に、伝える(p85)


・ダルビッシュ投手がアメリカのメジャーリーグに
 行ったばかりのころ・・・
 フォアボールが多くなりました。
 ピッチングコーチは
 「フォアボールなんかいくらでも出していい」と
 アドバイスしました(p61)


人を動かす伝え方
人を動かす伝え方
posted with amazlet at 13.05.27
中谷 彰宏
あさ出版
売り上げランキング: 97,570

【私の評価】★★★☆☆(70点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 聞き手の気持ちになってみることで、伝わる。
第2章 「言いかえる」ことで、伝わる。
第3章 「伝え方」を意識するだけで、変わる。
第4章 伝わる質問を、しよう。
第5章 人に好かれる、伝え方
第6章 伝わるから、笑ってもらえる。
第7章 オノマトペで、気持ちを深く伝える。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)