「ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由」岩田 松雄

| コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

【私の評価】★★★★★(94点)


■ザ・ボディショップ社長、
 スターバックス社長を歴任した
 岩田さんの一冊です。


 ザ・ボディショップでは、
 売上を2倍にしました。


 その方法は、
 ザ・ボディショップのミッションである
 人を大切にすること。(人権を尊重)


 万引き防止のカメラを取り外し
 社員の給与を増やし、
 教育や研修を充実させたのです。


・重視すべきは「働くスタイル」ではなく、
 「いかに人々を喜ばせるか」だと信じます。
 ミッションを掲げ、
 社会を変える一翼を担うことだと信じます(p8)


■スターバックスでも、
 やっていることは同じです。


 スターバックスのミッションである

 「人々の心を豊かで活力あるものにする

 方法を考えればいい。


 マイカップ、ワンモアコーヒー等の
 キャンペーンを決断していますが、
 これはお客様との会話のきっかけを作るため。


 お客様の心を豊かにするという
 ミッションがあったから、
 実行できたのでしょう。


・私自身は、スターバックスの差別化要因は、
 3番目の「パートナーたちのすてきな笑顔」だと
 思っています(p141)


■著者はMBA取得者でもあり、
 仕事のやり方も一流のようです。


 本もたくさん読んでいる。


 しかし、そうした仕事のテクニックは
 仕事の一部でしかなく、
 一番大事なのはミッションということです。


 常にミッションを意識して
 経営判断する
ということ。


 ミッションがあるから、
 短期的には損であっても、
 正しい決断ができるのしょう。


・私の考え、メッセージ、
 そして会社のミッションを伝える手段は、 
 マネジメントレター(全パートナーに送るメール)でした。
 ザ・ボディショップのときは毎週1回、
 スターバックスでは月に1回(p219)


■最終章の「時間術、勉強法、読書術」だけでも
 充実していましたが、
 そんな仕事術が小手先のテクニックに感じてしまう。


 本当に大切なことを
 思い出させてくれる一冊ということで
 ★5としました。


 岩田さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


企業は、世の中をよくするためにある(p89)


・本社や本部、リーダーは、考えるスタッフを育て、
 彼らが現場で判断したことを全力でサポート
 しなければならないのです(p154)


・私がリーダーの役割で
 もっとも大切だと考えるのは、御用聞きです。
 最近どう?
 元気?
 何か困ったことはない?(p216)


・新卒の場合でも、中途採用の場合でも、
 決まってする質問があります。まずは、
 「あなたの強みを3つ、弱みを3つ教えてください」・・・
 もう一つの質問は
 「あなたが今までの人生の中で一番輝いていたのは、
 どのようなときですか?」(p232)


・ミッション探し、自分探しの旅はずっと続く・・・
 ミッションは、一度構築したら終わりではない。
 働き続ける限り、いや生きている限り、
 ずっと考え続けるものであり、
 また考え続けることが大切なのです(p207)


・とにかく10冊読む!・・・
 学生時代も、雑誌を含めて
 月10冊の本を読むと決めていました。(p258)


・私はゲーテの次の言葉が好きです。
 「人間は努力する限りは悩むものだ」(p200)


・地上におけるあなたの使命が
 終わったかどうかを知るテストをしてみよう。
 もしあなたがまだ生きているのであれば、
 それは終わっていない。
 リチャード・バック(p198)


ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由
岩田 松雄
アスコム
売り上げランキング: 961

【私の評価】★★★★★(94点)



■目次
  
第1章 どうすれば人を魅了できるのか
第2章 ザ・ボディショップとアニータ・ロディック
第3章 スターバックスはコーヒーを売っているのではない
第4章 僕たちは何のために働くのか
第5章 自分のミッションを作る7つのヒント
第6章 火花散らすリーダーの8つの習慣
第7章 ミッションを育てる時間術、勉強法、読書術


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(2)

最近読んだ本は、
『ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由』
です。

【火花が散る瞬間】について書かれており、
自分の火花が散る瞬間を考えてみました。

(営業職をしているのですが、お客様から、
ありがとうと言われる瞬間が私にとっての火花と思います。 
ありがちかもしれませんが、仕事を振り返ってみると、
やっぱりお客様に感謝される瞬間が一番しびれます)

兄も営業をしているので、この本を送りました。

兄は今まであまり本を読み人ではないのです。

昨年にこのメルマガと出会い、本の素晴らしさを知った私は、
どうしても兄に本を読んでもらいたくて、
誕生日プレゼントなどで、本を送るようになりました。

読んでくれているかはまだ聞けていませんが、
本の素晴らしさを分かちあいたいと思っています。

このメルマガも紹介しました。

スターバックス元CEOの岩田さんの一冊です。

火花を散らす瞬間を私も創出したい。

使命感を持って生きることが大切なんだと感じました。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む