「器」斎藤一人 柴村恵美子

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

器

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■いつもの一人さんのアドバイスを
 集約した一冊です。


 「器」とは、
 何にもとらわれない考え方。


 相手が昇進したら、
 「よかったね


 仕事ができる人がいたら、
 「すごいね
 と言ってあげられる人です。


・人に抜かれたら
 「よかったね」と言えるのが器量(p119)


■税金もどんどん払います。


 税金を払いたくない人が多いようですが、
 税金は国のために使われます。


 そこおカネで、みんなが助かる。


 そうであれば、
 どんどん払いたいのが
 税金です。


・あるとき、一人さんが突然、
 「納税日本一を目指すぞ!」って言い出しました・・・
 税金って"ショバ代"なんだよね。・・・
 日本という国で商売をさせてもらっているんだから、
 ショバ代を払うのは当然なの(p22)


■「器」のある人は、実際にいます。


 ちょっと考え方の違う人。


 そういう人になりたいものです。


 一人さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


自分の機嫌は自分でとる(p115)


・その人がお金に困ってるんだとしたら、
 それはお金に困ってるんじゃなくて、
 お金について学びなさいということなんだよね・・・
 それなのに安易にお金を貸すと、
 せっかくの学びの機会を奪うことになるんだよね。(p62)


世の中にはお金が流れる川があるんだよ
 その川にちょっと手を入れると、
 川の流れが自分のところにスーッと入ってくるの。
 どうさい。その川に手を入れて、
 流れを変えてみないかい?(p83)


・もしお金持ちになりたいのであれば、
 「自分がお金持ちじゃないのはおかしい!」と
 思えばいいのです。・・・(p39)


器
posted with amazlet at 13.02.09
斎藤一人 柴村恵美子
サンマーク出版
売り上げランキング: 1,110

【私の評価】★★★☆☆(77点)

■目次

はじめに
第1章 "器"を大きくすることが人生の目的
第2章 一人さんに学んだ、"器"を育てる方法
第3章 器を大きくするための修行の日々
第4章 誰でも"器"を大きくできる!
さいごに


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む