「ロシア・ショック」大前 研一

| このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシア・ショック

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■私は、4年間ほどカザフスタンで
 仕事をしたことがあります。


 ロシアにも何回か
 出張したことがあります。


 だから、これからは
 ロシアとの関係が
 重要になると思うのです。


・ロシア進出の十大心得・・・
 一.ロシア人と共に、ロシアのために働く・・ 
 二.ロシアのルールを尊重しつつも、自分の流儀を忘れない
 三.政府や各種行政機関との関係を構築し、人脈作りに励む
 四.核心に対しては断固たる態度で
   枝葉末節には柔軟に対応する(p131)


■ロシア人はイメージよりも
 かなり頭がいい。


 兵器の開発を見れば、
 そのポテンシャルがわかります。


 グーグル共同創業者サーゲイ・ブリンは
 ロシア人。


 プーチンも政治家としては、
 非常に優秀。


 ウォッカさえ飲まなければ、
 優秀なロシア人は多いのです。


・ロシアには非常に豊富な資源がある。
 それは「人材」だ。・・・
 ロシアの第三次教育への進学率は実に約72%(p64)


■大前さんの

 「21世紀は領土より富

 という言葉が印象的でした。


 確かに領土だけでは富を生まない。

 トータルで、
 どうすれば儲かるのか。


 北方領土の解決こそ、
 富を生むための
 解決策になりうるのです。


・21世紀は領土の大きさよりも、いかに富を創出するかで勝負が
 決まる時代である。領土が富を創出するわけではない。・・・
 ロシアとの交流が進めば日本はそれ以上に大きな富を
 創出することができる・・・ロシア人は日本が大好きで、
 他のどの国の製品よりも日本製品を選んで買ってくれる(p231)


■中国との関係もありますし、
 今こそロシアなのだと思います。


 政治家のみなさん、
 よろしくお願いします。


 大前さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・フラットタックスを導入している東欧諸国
 導入年   導入年の個人税率
 1994 エストニア 26
 1994 リトアニア 33
 1997 ラトビア  25
 2001 ロシア   13
 2004 ウクライナ 13
 2004 スロバキア 19
 2005 グルジア  12
 2005 ルーマニア 16
 2008 ブルガリア 10(p37)


・IT分野における人材の絶対数でも、
 インドの八分の一の人口しかいない
 ロシアに、インドと遜色ない
 毎年約20万人の大卒のIT人材が輩出している(p68)


・日本ではプーチンは強権的で怖いイメージが強いが、
 強面なところがなければロシアのような国を
 抑えることはできないのも事実だろう(p52)


・ロシアは、今は我慢して中国にいい顔をしているが、
 いつ中国に対して対抗処置を
 取るようになるかわからない。
 「腰まで手を上げた人間が、
 ピストルを抜くのか握手をするのか」
 という英語の諺があるが、ロシアと中国は
 この50年くらいそうした関係にある(p187)


・2020年、世界は多極化し、
 アメリカはもはやその一極・・・
 おそらくこの時期には、
 「中国の暴走をいかに止めるか」が
 世界的なテーマになっている。
 中国は全体主義国家であり、
 基本的に派遣主義
的な考え方を持っている(p205)


ロシア・ショック
ロシア・ショック
posted with amazlet at 12.12.10
大前 研一
講談社
売り上げランキング: 62151

【私の評価】★★★☆☆(73点)



■目次

序章 激変する世界の潮流
第1部 変貌するロシア
 第1章 プーチンの奇跡
 第2章 拡大する市場
第2部 ロシアン・ビジネス・チャンス
 第3章 愛される日本、出遅れる日本
 第4章 二十一世紀のIT大国・ロシア
第3部 世界の潮流とロシア
 第5章 内政・外交の光と影
 第6章 ロシアとEU
終章 日ロ関係の未来図


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)