「人を動かす 新装版」デール・カーネギー

| このエントリーをはてなブックマークに追加

人を動かす 新装版

【私の評価】★★★★★(96点)


■「人を動かす CD版」は車の中で
 何回も聞いています。


 書籍はというと、
 みなさんにプレゼントしてしまって
 手元にないので、
 再読用として購入しました。


 子どもが自宅の本棚から、
 いずれ手に取って
 もらえればいいと思っています。


人を裁くな・・
 人の裁きを受けるのがいやなら
 リンカーン(p21)


■内容については、非常に日本的。


 相手を力で動かすのではなく、
 相手が自ら動いてしまうような関係作りを
 重視しています。


 自己主張が重視される米国だからこそ、
 こうした紳士的な交渉スタイルは
 学ぶべきことなのでしょう。


・もし相手を自分の意見に賛成させたければ、
 まず諸君が彼の味方だとわからせることだ。
 リンカーン(p197)


■日本でも、この本がもっとも効果的なのは、
 家庭ではないでしょうか。


 家の中では夫婦間の関係は、
 しがらみがないだけに、
 ちょっと間違うと感情的な
 対立になりかねません。


 そうしたときに、
 相手を理解してあげる
 姿勢が大切なのだと思います。


・議論を避ける・・・
 議論に負けても、
 その人の意見は変わらない(
p159)


■実用的な古典として
 必読の一冊です。


 未読の方は騙されたと思って
 購入してください。


 カーネギーさん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・常に相手に重要感を持たせること(p139)


・私はイチゴミルクが大好物だが、
 魚は、どういうわけかミミズが好物だ。・・
 人を釣る場合にも、この常識を利用していい(p50)


名前は、当人にとって、
 もっとも快い、もっとも大切な
 ひびきを持つことばである(p114)


・"ソクラテス式問答法"・・・
 相手が"イエス"といわざるをえない質問をする。
 つぎの質問でもまた"イエス"といわせ、
 つぎからつぎへと"イエス"を重ねていわせる。(p212)


・むかしの中国人は賢明だった・・・
 そのことわざに、こういう味わい深いものがある
 「笑顔を見せない人間は、商人にはなれない」。(p101)


人を動かす 新装版
人を動かす 新装版
posted with amazlet at 12.06.25
デール カーネギー Dale Carnegie 山口 博
創元社
売り上げランキング: 96

【私の評価】★★★★★(96点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)