「心のウサが晴れる本」斎藤 茂太

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

心のウサが晴れる本 (PHP文庫)

【私の評価】★★★★☆(85点)


■斎藤茂吉の息子であり、
 精神科医だった
 斎藤茂太先生のエッセーです。


 心のウサを晴らすというタイトルですが、
 悩んでいる人への人生相談といった趣で、
 楽しく読めました。


 精神科医の仕事は、

 "人生相談のようなもの"

 なのかもしれません。


・淋しさや孤独感の解消には
 どうやら多忙と現実逃避が
 よい処方であるらしい(p9)


■世の中を見ると、幸せそうな人は少なく、
 悩みを持っている人が
 多いように感じます。


 それは、顔を見ればいい。


 口をへの字にして
 眉毛を吊り上げている人が
 いかに多いことか。


 そうした大多数の人に、
 この本はお役に立つのだと
 思います。


・ウマが合わない上司との付き合い方・・・
 その考えるところや性格をよく知るように努める・・・
 自分自身にそもそもヤル気がないのか、
 冷静に判断してみることだ。(p49)


■斎藤さんの体験談も踏まえて、
 楽しいエッセーだと思います。


 斎藤さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


夫婦の倦怠期克服には旅行がいい(p107)


・友人が、なかなかできないと思っている人・・・
 私のようにパーティに出席するのもいいし、
 同好会やサークル・・・
 いろいろな場所に何度も出かけて
 少しでも人と話をすることだ。(p65)


・十九件もの結婚詐欺をはたらいた男の告白・・・
 女心をつかむ秘訣は「結婚という言葉と、
 女のグチにとことん付き合って聞いてあげるやさしさ
 だと言っていた(p138)


・「悪口」を言うのは、どんなことであれ
 決して美しい姿ではない。・・・
 「自分は人の前で他人の悪口を言う人間です」と
 宣言しているようなものだろう。(p91)


・映画評論家の淀川長治さん・・・
 相手が失礼なことをしたり、非常に冷たい時、
 昔は怒ったが、ある時期から腹が立たなくなった。
 それは、その人が失礼なことを失礼だと思っていないことに
 気がついたからだという。(p68)


心のウサが晴れる本 (PHP文庫)
斎藤 茂太
PHP研究所
売り上げランキング: 1061498

【私の評価】★★★★☆(85点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む