「50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表」南雲 吉則

| このエントリーをはてなブックマークに追加

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 (講談社+α新書)

【私の評価】★★★★★(93点)


■お医者さんによる健康の本ですが、
 こんなにわかりやすい本は
 ひさしぶりでした。


 基本的なことは、
 体は私たちの体を守ろうとしている。


 それでも病気になるのは、
 自分たちは不摂生な生活を
 しているということです。


・血糖値が上がると、体は膵臓からインスリンを
 分泌して糖を脂肪に作り替えます。・・・さらに
 糖分を摂り続けていると、インスリンも絶えず分泌
 され、脂肪は過剰になって・・・インスリンにあまり
 反応しなくなる・・・これが糖尿病です・・・
 体はなんとか適応しようと努力してくれているのです(p71)


■日本人の30%はガンで亡くなりますが、
 これも生活習慣によるものが多い。


 まずはタバコ。
 絶対にやめたほうがいい。


 欧米化した食事。
 塩を減らすこと。
 肉や乳製品はガンの原因になるのです。


・ガンを起こす「不摂生」・・・
 1 喫煙
 2 感染症
 3 欧米化した食事(p82)


■食事の量を減らそう、
 運動しよう、
 自然のばい菌と触れ合おう、
 と当たり前のことを教えてくれる一冊でした。


 でも、その因果関係を
 簡単に教えてくれるので説得力倍増です。


 私も食べすぎに注意しようと
 思いました。


 南雲さん、
 よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


喫煙を続けるだけで約2200日、つまり約6年も
 寿命が縮んでしまう
・・・
 35パーセントの体重増加でも同じく約6年(p18)


・厚生労働省が推奨する必要塩分量は一日1.5グラムですが、
 現代人の多くはその10倍、10~15グラムくらい摂っています
 ・・・塩の摂取を減らしていくしかありません
 ・・・トマトを食べるときに塩をかける人はいません(p76)


・自然に触れる機会を日頃から少しでも   
 持つようにしてください。・・・
 すぐに抗生物質を投与するのはやめること(p113)


・皮膚のトラブルを回避し、改善させていくには、
 まず体を洗い過ぎる習慣を改めていく・・・
 手のひらで石鹸を泡立てて、陰部や足の裏など
 汚れている部分をなで洗いするだけで十分。(p116)


・私はリンゴの皮はもちろん、
 みかんの皮も剥かずにいただいています(p162)


・「おなかがグーグーと鳴ってから食べる」
 ということを毎日心がけてみてください。
 「ああ、延命遺伝子が働いている」
 「若返りが進んでいる」
 そう思うと、なんだかワクワクしてきませんか?(p183)


・筋肉痛の原因は「使い過ぎ」、
 肩こりの原因は「使わな過ぎ」・・・
 床を拭く・・・窓拭きをするのもいいでしょう(p203)


・夜9~10時台に寝て朝の三~四時くらいに
 起きる生活がベストです。
 私の場合、10時には寝て三時くらいに起きる・・・
 この原稿も明け方に書いています(p211)


・私の考える心のアンチエイジングとは・・・
 「死を覚悟して生きる」ことで初めて
 得られるものだということです。(p145)


【私の評価】★★★★★(93点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)