「松下幸之助 夢を育てる―私の履歴書」松下 幸之助

| このエントリーをはてなブックマークに追加
松下幸之助 夢を育てる―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
松下 幸之助
日本経済新聞社
売り上げランキング: 3681


【私の評価】★★★☆☆(76点)


■日本経済新聞の「私の履歴書」から
 松下幸之助の一生をまとめた一冊です。


 この一冊で松下幸之助の一生を
 カバーしていますので、
 入門編と言えるもの。


 その分内容は薄くなっています。


■やはり、
 松下氏の本で引き付けられるのは、
 松下氏の判断の視点・考え方です。


 どうして、週休二日を実施したのか。
 どうして、電子計算機から撤退したのか。
 どうして、小型モーターに参入したのか。


 すべては、日本という国家、社会、
 そこに暮らす人々にお役に立ちたいという
 大きな願いからなのです。


・製品のレベルを高めるために、
 松下独自の技術でやるか、外国の技術を導入するかの
 選択を迫られる場合は少なくなかったが、いずれの場合にしても、
 松下独自の技術を基礎にどの道を選んだら社会のためになり、
 人々に喜ばれるかということを
 最終的な尺度にして態度を決めた(p62)


■非常に短く松下幸之助の一生を
 知ることができます。


 あくまでも入門編ということで
 楽しみたいものです。


 松下さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・戦後、経済自立の道として、工業立国、
 農業立国あるいは貿易立国などとやかましく
 叫ばれて、多くの金も費やされました。
 しかし私は観光立国こそ、我が国の重要施策として
 最も力を入れるべきものと思います(p71)


・私は、戦後日本の発展してきた姿を振り返りながら、
 「日本は自力で発展してきたのではなく、ほとんど
 他力本願でここまできた。・・・そのことを自己の力
 によって発展したかのごとき錯覚を国がもち、政府がもち、
 国民がもっているというかんじがする。そこに
 大きな問題がありはしないかと思う」(p101)


松下幸之助 夢を育てる―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
松下 幸之助
日本経済新聞社
売り上げランキング: 3681

【私の評価】★★★☆☆(76点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)