「ユダヤ人大富豪の教え―ふたたびアメリカへ篇」本田 健

| コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇

【私の評価】★★★★★(95点)


■前作のユダヤの教えは、
 幸せにお金持ちになるための教えでしたが、


 今回は、成功しようとする人にとっての
 落とし穴である人間関係に
 焦点を当てた一冊になっています。


 お金持ちになったけど、
 自分は幸せなんだろうか、
 ということがないようにするために、

 8日間のワークショップを
 仮想体験することができます。


・私たちは、『自分に何がふさわしいか』を 
 無意識のうちに決めている。そのセルフイメージを
 変えることでしか人生は変えられない
(p30)


■コーチングの世界には、

 コントローラ

 プロモーター

 アナライザー

 サポーター

 というように、
 人を観察・分類することで、
 人間関係を客観的に見る手法があります。


 本書では、本当に
 ワークショップを体験したような
 感覚になることができます。


 人は、人間関係の中でその役割を
 知らず知らずのうちに演じており、
 それを知ると驚き、
 それを理解してもらうことで、
 涙し、癒されるのです。


・[ポジティブ自立]の人は、誰かを助けると愛されると思っている。
 [ネガティブ依存]の人は、問題をつくり出しつづけることで、
 誰かが助けにきてくれると信じている。
 [ネガティブ自立]の人はコントロールすることで、
 [ポジティブ依存]の人はコントロールされることで、
 愛がもらえると確信している
のだ(p112)


■こうした手法は知っていましたが、
 これほど感動するとは思いませんでした。


 本田さんの体験談をベースにしているとのことで、
 私もワークショップに参加したくなりました。


 皆さんもご一読いただき、
 人間関係への理解と、 
 感動を共有しましょう。


 本田さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・決して忘れないで。あなたの未来は、
 あなたが選べるのだということを(p24)


・トレーシーほどのステキな女性に自分がふさわしくない
 と思っているので、一生懸命仕事を頑張っているのだろう・・・
 そんなことよりも、一緒に時間を過ごすことのほうが
 大事なのに、それが彼にはわからない。(p48)


やたらと明るい夫と、心配性で暗い妻。
 ピリピリしている妻と、オドオドしてあとからついていく夫。

 こんな組み合わせで『夫婦関係』というのはできている(p77)


・相手を尊重することで、自分の感情を抑圧していたら、
 決して対立することはないからね・・・人がお互いに
 高めあうためには、本音で言い合ったりすることも
 必要なんだよ
。一時的に険悪な雰囲気になっても、
 その対立が新しいものを生み出したりする(p82)


・自分が正しいと思っている人間にロクなのはいない。
 少なくとも、好きにはなれないなあ(p99)


・世界で起きることのすべては、
 バランスの取れていないところに、 
 バランスをもたらそうとして起きている(p125)


・願望実現の五つの条件
 1 自分の夢である・・・
 2 心からワクワクする・・・
 3 自分だけでなく、他人のためになる・・・
 4 まわりもワクワクする・・・
 5 将来にわたって人を幸せにする(p168)


・そうか。豊かさは、獲得するものではなく、
 感じるもの
だったのか!(p214)


・[ポジティブ][ネガティブ][自立][依存]、
 すべての立場を愛することだ。
 なぜなら、君の組織には、すべてのタイプが来る。(p220)


・自分を幸せにすることを忘れていては、
 人を幸せにすることはできないのだよ。
 君が歌いたいなら、遠慮せず、歌いなさい。
 踊りたければ、踊りなさい。
 旅に出たければ、旅に出なさい。
 人生には、大好きなことをやる以外の時間は
 あまりないんだから
(p243)


・君たちの多くは、『人生は、ただ単に、
 仕事をして休暇を取ってやり過ごしていく』
 だけではないと感じて、ここに来たのだろう。
 では、いったい人生とは何なのか?・・・
 人生のヴィジョンは、小さい頃から感じていた問題点、
 怒り、悲しみ、喜び、夢に隠れている(p252)


ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇
本田 健
大和書房
売り上げランキング: 84

【私の評価】★★★★★(95点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(2)

ご無沙汰しております。

今日もまた素敵な本をご紹介いただきありがとうございます。
本田健さんのご著書は
私の自己啓発セミナーめぐりの端緒になった本でした。
新刊の中身を拝見して、またいろいろな意味で感慨深いです。

お誕生日おめでとうございます。
いろいろな思いの中で日々お過ごしのことと推察いたします。
暑き折、くれぐれもお体お大切にお過ごしください。
今年一年が充実した一年になりますように
お祈りしております。

おひさしぶりです。
コメントありがとうございます。

家族とは離れていますが、楽しくやっていますよ。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む