「「超具体化」コミュニケーション実践講座」小宮 一慶

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加
「超具体化」コミュニケーション実践講座
小宮一慶
プレジデント社
売り上げランキング: 98273

【私の評価】★★★★☆(86点)


■小宮さんは、人と話をするとき、
 「具体的」に話すことが大切であると
 教えてくれます。


 たとえば、取締役として発言するときには、
 その場の流れにあった主張を「具体的」な数字を示しながら、
 話すことができれば、合格でしょう。


・漫然と新聞を読んだりテレビを見たりしていても、
 「数学力」は付きません。問題意識を持って、勉強しよう
 というつもりで読まないと、数字が頭に入らないのです(p100)


■また、人に指示するときには、
 その人に合ったレベルで「具体的」に
 話してあげる。


 誤解するということは、
 受け手の問題もありますが、
 話し手の工夫でなんとかなるものです。


理解は偶然、誤解は当然(p45)


■コミュニケーションのコツはこの本でわかります。


 あとは、どうやって自分の行動に
 落とし込むかということですね。


 小宮さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・京セラの創業者である稲盛和夫さんの本に、
 「社内でよく飲み会をやる」と書いてありました。・・・
 コミュニケーションの第一歩は、相手の心理バリアを
 取りのぞくことです。(p18)


・メールより電話、電話より直接会う(p28)


・「がんばれ」ではなく
 「朝から3件まわれ」と言う(p62)


・「本当?」
 「なぜ?」
 「それから?」
 「どれくらい?」・・・
 こうした問いかけを繰り返しながら、
 これ以上落とし込みようのないところまで話を落とし込む(p88)


毎回、真剣勝負
 その意識を持っている人だけが、
 経験を資産にすることができるのです。(p72)


・普段から「ウケる」話を心がける(p117)


・次のような指摘を受けました。「世の中にはダメな人はいません。
 仕事ができる人とできない人はいるかもしれませんが、
 それを『ダメ』という言い方はやめたほうがいいです」(p140)


「超具体化」コミュニケーション実践講座
小宮一慶
プレジデント社
売り上げランキング: 98273
おすすめ度の平均: 3.0
4 「分かった?」、「いまの話を繰り返してみて」(P95)
4 コンサルタントには必読の書
4 「伝える」ことに価値がある
3 スグに読めます
2 著者の優秀さを台無しにしてしまった?

【私の評価】★★★★☆(86点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む