「ユダヤ・ジョーク集」ラビ・マービン・トケイヤー

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加
決定版 ユダヤ・ジョーク集 (じっぴコンパクト)
ラビ・マービン・トケイヤー
実業之日本社
売り上げランキング: 3983

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■やはりユダヤのジョークは、
 知的というかロジックがあるというか長いというか
 日本のジョークとは違います。


 家内はブラックジョークと言っていましたが、
 ちょっと考えさせるんですよね。


・「私はヤコブが嘘をつくと、すぐ分かるんです」・・・
 「でもおまえ、どうしてそんなによく分かるの?」・・・
 「ヤコブが嘘をいうときには、唇を動かすの」(p62)


■この手のジョークが好きな人は、
 一度読んでみてください。


 ユダヤ人の雰囲気を伝えてくれる本でした。
 トケイヤーさん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・コーエン夫人。ところでお嬢さんはいかがですか?」・・・
 とてもよい旦那さまに恵まれて、娘は正午まで寝て、ベッドで昼食を食べ、
 それか美容院にいって、しゃれたデパートに買い物にいき・・・
 結構ですね。息子さんはいかがですか?」・・・
 坊やだけは運が悪くて、だいたいあの嫁ときたら、チクショウ!
 昼過ぎまで寝ていやがって、寝床の中で昼食を食いちらかし、
 まったく家事もせずに美容院へ飛んでいき・・・(p36)


・妻のスーシャが、若い男を連れ込んで浮気をしている現場を
 つかまえた。逆上したコーエンは、鉄砲をとりだし、
 スーシャを殺してしまった。・・・
 「あなたは、いったいどうして妻のほうを殺したのですか?」
 「はい、殺人は一回犯すだけで、たくさんです。もし、妻のほうを
 殺していなければ、あと何人も殺さなければなりません」(p51)


・「知恵と金と、どっちが大切だろうか」・・・
 「もちろん、知恵にきまっているよ」
 「しかし、もし知恵のほうが大切だとするなら、どうして賢人が
 金持ちに仕え、金持ちは賢人に使えないのだろうか?・・・
 「それはひじょうに簡単なことだ。賢人は金のありがたみが分かるが、
 金持ちは知恵の大切さが分からないからだ」(p123)


決定版 ユダヤ・ジョーク集 (じっぴコンパクト)
ラビ・マービン・トケイヤー
実業之日本社
売り上げランキング: 3983
おすすめ度の平均: 3.0
3 このテのジョークは好きなので

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■関連書評

a. 「ユダヤの力(パワー)」加瀬 英明
【私の評価】★★★★☆


b. 「ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ」スティーブ・モリヤマ
【私の評価】★★★☆☆


c. 「ユダヤ人に学ぶ速学術」濱野 成秋
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む