「東洋と西洋―パーキンソンの歴史法則」C.N.パーキンソン

| このエントリーをはてなブックマークに追加
東洋と西洋―パーキンソンの歴史法則 (1964年)
C.N.パーキンソン
至誠堂
売り上げランキング: 953,040

【私の評価】★☆☆☆☆(53点)


■英国人の歴史観です。
 英国から力は米国に移りました。


 大きく見ると、西洋と東洋でも
 一方が力を持ち、ある時は一方が拡大する
 という振幅を持っていたとしています。


 次の100年はどうなるのでしょうか。
 

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・1906年に最新精鋭の英国軍艦ドレッドノートが進水し、
 英国がごくわずかしかリードしていない建艦競争がはじまる・・・
 だが、金が費やされることになったのは、
 海軍に対してではなかったのだ。
 その大部分は老齢年金にあてられ・・・
 実際上はもっと高くついた(p348)


・スペインに対する英国の反逆者はただちに自分の支配を
 アイルランドにおしつけた。
 英国に対するアメリカの反逆は
 メキシコからバカにされつづけはしないだろう(p10)


・十二万の英連邦軍が六万の日本軍の攻撃のまえに崩壊した
 1941年のシンガポール陥落とともに、
 英国はその威信を永久に失った(p361)


・ロシア人に実際にあれほどの前進を許してしまったのは、
 二百年にわたる日本人の中立主義だった。
 彼らも日本人もふたたびかかる
 失敗をおかさぬだろう(p402)


東洋と西洋―パーキンソンの歴史法則 (1964年)
C.N.パーキンソン
至誠堂
売り上げランキング: 953,040

【私の評価】★☆☆☆☆(53点)



■著者紹介・・・C.N.パーキンソン

 1909年生まれ。
 1934年まで大学で学術的著作に従事。
 その後、大学で教鞭をとり、
 1957年「パーキンソンの法則」を発表。
 パーキンソン研究所を設立して、経営コンサルタント
 として活動。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)