「こうすれば必ず人は動く」デール・カーネギー

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加
こうすれば必ず人は動く
デール・カーネギー
きこ書房
売り上げランキング: 33038

【私の評価】★★★★☆(81点)


■不朽の名著「人を動かす」の内容を
 実践した人へのインタビューを通じて
 解説してくれる一冊です。


 論理よりも具体例があるので、
 自然と入っていける一冊だと思います。


・厳しい非難や断罪というものは、
 全く無益なものだということを、私はね、
 ずいぶん昔に知ったのだ。(リンカーン)(p24)


■特に、人と議論しない、
 相手の間違いを指摘しない、
 相手のプライドを傷つけないということを
 強調しているところが印象的でした。


 これは日本的な感覚なのですが、
 ディベートの国、アメリカでは、
 実は画期的な考え方なのかもしれません。


・相手を敵に回して口論し、反駁すれば、
 時には勝利を得ることもあるだろう。
 だがそれは、空しい勝利だ。
 相手の好意を失ってしまうからである。(p80)


■日本では、「はっきり自分の意見を言ったほうがいい」
 という議論がなされ、アメリカでは
 「あまりはっきり言わないほうがいい」というのですから、
 その中間に適切なところがくるのでしょうか。


 "能力"を"脳力"と翻訳しているのは余計でしたが、
 内容は良いと思います。


 カーネギーさん、よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人に対するときに最も重要なルールの一つは、
 決して相手が間違っているとは言わない、
 ということなのです。(p246)


・人のあら捜しをするのはやめましょう。
 自分の思いどおりに人を変えようとするのはやめましょう。
 人を変えようとするなら、まず自分自身を変えることから
 始めるべきです。(p61)


・人間性の最も深い部分にある衝動、
 それは自分が重要な人物であるという認識を
 得たいという欲求である(p200)


・いいかね、ベン(ジャミン・フランクリン)、
 君はなかなか頭がいい。でも君は、いかにも
 知ったかぶりをしているような印象を人に与えているが、
 それには気がついているかな。・・・君はそのやり方を変えなければ、
 友人にも恵まれず、人生うまく行かないことが多くなるぞ(p79)


こうすれば必ず人は動く
デール・カーネギー
きこ書房
売り上げランキング: 33038
おすすめ度の平均: 4.5
5 カーネギーの教えを「立体的」に学ぶなら
3 わかりやすい。
4 読みやすい自分育ての本
4 何度も読む
5 殺伐とした現代にこそ求められる

【私の評価】★★★★☆(81点)


■著者紹介・・・デール・カーネギー

 1888年米国生まれ。
 雑誌記者、俳優、営業マンなどを経て、YMCA弁論術担当者。
 デール・カーネギー研究所設立。
 「人を動かす」「道は開ける」は古典的名著。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

先日ブログでコメントを頂戴しました、觀音寺です。

私のD・カーネギーの書籍を読んだことがあります。
ウィットに富んだ話し方と例話の多さに驚きました。いつも耳を澄ませて例話を探しておられるのでしょう。

忠告するにも、まず「ほめる」ことを忘れないという原則を気付かされました。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む