「一歩を越える勇気」栗城 史多

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加
一歩を越える勇気
一歩を越える勇気
posted with amazlet at 10.03.26
栗城史多
サンマーク出版
売り上げランキング: 567

【私の評価】★★★★★(90点)


■一度、アホ会で講演を聞いたことのある
 世界一のアホ・アルピニスト栗城さんの一冊です。


 (講演では大笑いの連続でした♪)


 六大陸の最高峰に単独・無酸素登頂し、
 残るはヒマラヤ、エベレストのみとなっています。


・ヒマラヤはいつも、人間の小ささを教えてくれる。(p99)


■初の海外旅行が、
 マッキンリー単独・無酸素登頂という
 アホさかげんですが、
 無事成功させています。


 しかし、実際には
 「死」と隣り合わせだったようです。


・父はこの計画に賛成も反対もしなかった・・・
 僕が空港から飛び立つ直前に電話をくれた。
 「おまえを信じているからな
 たった一言だった。電話の後、
 僕は父の言葉で初めて泣いた。(p38)


■私が驚いたのは、単独登山というのは、
 荷物を二回三回と分けて
 何度も登り下りするということ。


 ということはチームよりも
 二倍から三倍の高度を上がっていくことが
 必要となるのです。


 さらに無酸素ですから、
 体力の回復が難しく、
 いかに困難な条件かわかりました。


・単独登山・・・合計65キロの荷物を二回三回に分けて、
 登っては下り、次の荷物を持ってまた登って下りるということを
 繰り返しながら、徐々に体を高度に慣らすのである(p36)


■ある道を極めた人は、同じことを言うと
 感じることがありますが、
 栗城さんにも感じました。


 限界まで努力したものだけが言える、
 無我の境地といえるものでしょうか。


・「自分の力で登り、夢をかなえるぞ」という強い思いには、
 必ず限界がやってくる。山頂に着くか着かないかは、
 山の神様にお任せしますというぐらいがちょうどいい(p146)


■もっと登山中の写真があると、
 その過酷さと晴天時の景色の素晴らしさが
 もっと伝わるのではないかと感じました。


 しかし、★5つの評価しかありえません。
 栗城さん、よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


山に行っても行かなくても、いずれ人には、必ず死が訪れる・・・
 むしろ、「死」と隣り合わせになることで、「生」を感じ、
 生きていることへの感謝の気持ちが出てくるのだ(p57)


・「ありがとう」
 なぜ、ありがとうと口にしたのかわからない。
 ただそのほうが、力が出たのだ。(p102)


・夢や目標を口にすることによって、
 まわりに伝わって共鳴する。
 そうすると支援してくれる人や、
 そのとき自分が必要とする人が必ず現れてくるのだ。(p116)


・「応援してあげたいけどごめんね」と断られる。
 ・・・そこで必ず言う言葉がある。
 「では、お友達を紹介してください」(p128)


一歩を越える勇気
一歩を越える勇気
posted with amazlet at 10.03.26
栗城史多
サンマーク出版
売り上げランキング: 567
おすすめ度の平均: 5.0
5 夢を叶えるために
5 勇気とパワーを貰える本です☆
5 一歩先を見たいのなら・・・。
5 睡眠を削る勇気
5 できると思い、自分で執着せず行動すれば必ず成功できる!

【私の評価】★★★★★(90点)


■著者紹介・・・栗城 史多(くりき のぶかず)

 1982年生まれ。
 3年で6大陸の最高峰に
 単独無酸素登頂。
 その後、ヒマラヤ8000m峰3座の
 単独・無酸素登頂した。
 2009年エベレスト単独・無酸素登頂を
 目指したが、7950m地点で断念。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む