「ザ・コピーライティング」ジョン・ケープルズ

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

【私の評価】★★★★★(96点)


■手書きチラシで稼いでいる人が、
 何度も何度も読み返したということで
 購入した一冊です。


 実は神田昌典さんも
 何度も何度も読み返したとのこと。


■基本となっているのは、
 実験、実験、そして実験です。


 いくらプロのコピーライターでも
 実際に商品が売れたかどうかのデータには
 かなわないということなのでしょう。


・広告を試す最善のテストは、その広告で商品が実際に
 売れているかどうかしかない!(p159)


■長年の実験の結果、
 顧客にメリットをわかりやすい表現で
 はっきり伝える見出しが効果的であるようです。


 日本とアメリカでは若干違うのでしょうが、
 これも実験してみれば、
 わかることなのでしょう。


・なぜ、「得になる」タイプの見出しが1番効果的で、
 「好奇心」タイプの見出しは3番目なのか?・・・ 
 相手がほしいものをはっきりと伝えている見出しはさらに強い(p64)


■営業マンを減らし、チラシなどで集客しようと
 考えている人には、数百万円、数千万円の価値となる
 本となるでしょう。


 コピーライティングの基本となる一冊ということで、
 本の評価としては★5つとしました。
 よい本をありがとうございます。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


オファーを見出しに入れる・・・「無料パンフレットで、
 収入を確保して退職する方法がわかります」
 と変えることで、レスポンスが増やせる(p288)


・あるビジネス書出版社の1番効果的な訴求は、
 「収入アップにつながる8冊」だった。(p148)


熱意あふれるコピーを書く・・・自己暗示を行うのだ。
 「スミス社の歯磨き粉は世界一だ、こんな歯磨き粉は
 他にない」と自分に言い聞かせる。(p187)


ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則
ジョン・ケープルズ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 282
おすすめ度の平均: 4.0
3 原著はとても易しい英文です
5 何度も読み実践すべきコピーライティング・バイブル
5 ヤラレタ。
3 物事全てにおいて基本あり
4 テスト、テスト、ひたすらテスト

【私の評価】★★★★★(96点)


■著者紹介・・・ジョン・ケープルズ(1900-1990)

 アメリカの広告業界で58年間も活躍し続けた
 伝説的コピーライター。
 テストを繰り返し、効果を検証する「科学的広告」の
 促進を常に目指し続けた。



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む