「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」松下 幸之助

| このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

【私の評価】★★★★☆(88点)


■松下幸之助が、後年、松下政経塾において
 話された内容の抜粋録です。


 また、姿勢を正して読まさせていただきました。


■松下幸之助は、やはり熱心さというものを
 大切にしていたと思いますし、
 そうした人を抜擢していたように感じます。


 つまり、頭の良い人と一生懸命な人であれば、
 使命感を持って一生懸命な人が成功するということです。


もっと自分で考えないといかんわけやな。・・・
 考えても答えが出ないものもある。答えの出ないものは、
 自分の足を運んでいって尋ねるとか、なんぼでも方法は
 あるわけや。君に志があればな。(p38)


■しかし、幸之助の考える「熱心さ」というものは、
 言葉の上では簡単に表現できても、
 実際に「熱心」に仕事をするというものは、
 実践しにくいものだと私は考えています。


 熱心な人というものは、どこまでも自分で考え、
 人に相談し、寝ている間もそのことに悩み、
 どうしよう、どうすればいいのかと考える人なのです。


・悩みというものがある人には、生きがいがある。
 悩む生きがいがあるわけや。何もかも都合よくいって、
 いいことずくめであったら、生きがいがなくなってしまう。(p59)


■そこまで私は仕事に熱心だろうか・・・と
 考えつつ、読み終えました。


 熱心というものは、
 その人の運命なのかもしれないな、と思いつつ、
 本の評価は★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・この塾を世界一の塾にするんや、そういう責任を自分はもっている。
 またそういうことをやってやると思わないといかんな。松下政経塾を
 出た者はなんでも間に合う。焼き芋屋をやっても日本一の焼き芋屋になる。
 そういう意気に燃えたものをもっていないとあかんな。(p103)


・販売実習から帰ってきて、お礼の手紙を書いたか。
 出したか。どういう手紙を出したんや?むこうが感動するような
 手紙を書いたか。・・・礼状一つで違うわけや。(p96)


・素直な心になるのは、なかなかむずかしいねん。
 すぐになられへん。・・・朝起きたら・・・
 「きょう一日素直な心で無事いかせてください」と心に念ずる。(p22)


▼引用は、この本からです。

リーダーになる人に知っておいてほしいこと
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 685
おすすめ度の平均: 4.5
4 自己観照の大切さ
5 「今日一日素直な心で無事にいかせでください」(本文P22)
5 公的立場の職に就く人の考え方を説く,特に素直であれと!
4 松下が世界の松下たる所以を知る
5 得るものが多い

【私の評価】★★★★☆(88点)




楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)