「ツイてる!」斎藤 一人

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイてる! (角川oneテーマ21)

【私の評価】★★★★☆(83点)


■なんだか聞いたことのある話だな・・・と
 読んでいったら


 「心が千分の一だけ軽くなる話」斎藤 一人

 のCDでいつも聞いているお話でした。


 若干書き換えているところがあるくらいです。


■再読してみて再確認できるのは、
 やはり斎藤一人さんの凄さです。


 どうすれば楽しい人生になるのか、

 どうすれば本当の成功といえるのか、

 簡単な語り口のなかに
 本質が含まれているのです。


・成功という名の旅を歩き続ける人こそ、
 成功者です。
 だから、10年先を見つめて
 歩き出している人がいるとしたら、
 その人はすでに成功者です
。(p93)


■やはりこの本の本質は、
 繰り返し読まないとわからないかも
 しれません。


 そういう意味では、
 「心が千分の一だけ軽くなる話」のほうが、
 CDに入っている話が多いので、
 お勧めといえるでしょう。

 わたしもこの本に書いてあるとおり、
 「こうして学んでいます」ということを
 みなさんにお伝えているだけなのだと思います。


・輪をかけてハッピーになる方法があります。・・・
 あなたが今までやってきたことで、
 「この方法で成功したよ」というものを、
 自分の部下や後輩に伝授するんです
。(p85)


■この本でも十分斎藤一人の世界を知ることが
 できますので、★4つとしましたが、
 どうせならこちらを購入しましょう。

 「心が千分の一だけ軽くなる話」斎藤 一人


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・今日からみんなで恥をかきましょう。
 恥をかきながら覚えたことは、一生忘れません
 心にザクリと刻まれてしまうんです。そして、
 心にたくさんヒビが入ってできた模様が、
 人間の芸術になるんです。(p112)


・人がもらって一番喜ぶものは、これです。
 「よかったね
 「あなた、偉いね」(p152)


・「勝負強い人」というのがいるんです。
 そういう人は、たいがい、
 「自分はツイてる人間だ」と思っているんだ、
 ということです。(p38)


▼引用は、この本からです。

ツイてる! (角川oneテーマ21)
斎藤 一人
角川書店
売り上げランキング: 2260
おすすめ度の平均: 4.5
4 真の意味を理解するのは難しい!?
4 神楽ポイント
4 修業中
4 過去は変えられる
4 小林正観さんの方が説得力がある

【私の評価】★★★★☆(83点)



■著者紹介・・・斎藤 一人(さいとう ひとり)

 1948年生まれ。
 「銀座まるかん」創業者。
 2003年年度全国高額納税者番付第一位。
 93年から11年連続10位以内。(本書記載引用)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む