「ラティーノ・ラティーノ!」垣根 涼介

| このエントリーをはてなブックマークに追加

ラティーノ・ラティーノ!―南米取材放浪記 (幻冬舎文庫)
【私の評価】★★★☆☆(74点)


■気鋭の小説家による南米放浪記です。
 ブラジルとコロンビアを回っています。

 日本と正反対の地にある
 ブラジル・コロンビアは、
 日本人とまったくちがう人たちが住んでいるようです。

 明るく、人なつっこく、そして、いいかげん。
 これをラテン気質と言うのでしょうか。


■わたしの友人にもブラジル留学した人がいますが、
 ブラジルから離れられなくなる日本人留学生が、
 多いそうです。

 開けっぴろげで、スタイルが良いこの国の女性に
 引っかかってしまう人が多いのです。


  ・現地の日系人に言わせると、このカリという街は、
   よほど厳しく自分を律しない限り、金を持つ者にとっては、
   とめどもなく堕ちてゆける場所なのだという
   売春宿、カジノ、宝くじ、ディスコティカ・・・(p32)


■わたしも、死ぬ前には一度
 南米を見てきたい、
 日本と全くちがう文化を持った国々を
 歩いてみたい、そう思わせてくれる一冊でした。

 本の評価としては、★3つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・このコロンビアという国は、社会法規の上に成り立った
   システムで動いているのではなく、しょせんは個人の
   ネットワークのつながりで動いている国なのだという(p53)


  ・だいたい日本人は、あまりにも気安く現地人に
   カネやモノを与えすぎだ。そうすることにより、
   その場限りのトラブルを避けようとする
   さもしい魂胆が見え見えなのだ。(p96)


▼引用は、この本からです。 

ラティーノ・ラティーノ!―南米取材放浪記 (幻冬舎文庫)
垣根 涼介
幻冬舎
売り上げランキング: 7776
おすすめ度の平均: 4.0
2 南米をぶらつく
5 「ワイルドソウル」の取材・放浪記
4 取材の成果は作者の行動力の賜物
5 まさに命がけ
5 ただの紀行エッセイではない

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■著者紹介・・・垣根 涼介(かきね りょうすけ)

 1966年生まれ。
 2000年「午前三時のルースター」でサントリーミステリー大賞。
 04年「ワイルド・ソウル」で大藪春彦賞など受賞。
 05年「君たちに明日はない」で山本周五郎賞受賞。


─────────────────

■関連書評■

a. 「上海のMBAで出会った中国の若きエリートたちの素顔」岡本 聡子
【私の評価】★★★☆☆

b. 「万国「家計簿」博覧会」根岸 康雄
【私の評価】★★★★☆

c. 「国家の品格」藤原 正彦
【私の評価】★★★★★

d. 「台湾人と日本精神」蔡 焜燦
【私の評価】★★★★★


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)