「天馬の歌 松下幸之助」神坂 次郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

天馬の歌 松下幸之助 (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■松下幸之助、幼少の頃から
 昭和36年に社長を引退し、
 会長に就任する頃までのお話です。


 火鉢屋、自転車屋、大阪電灯、そして独立と、
 エピソードとともに、松下幸之助の人生を
 味わうことができました。


  ・これからは電気の時代やて思います。
   電灯から電車、電信・・・電気代もドカンとさがって・・・
   僕、電気のこと何もわかりまへんけど、
   これからは電気の時代やと、思うとります(p113)


■松下幸之助はよく「運がいい」「私には私の道がある」
 などと言っていますが、
 この本を読んで、そう思わざるをえない人生であった
 のだと思いました。


 両親が他界し、七人いた兄弟姉妹も
 すべて病気で他界しているのです。


 そして、自分自身も病弱であり、
 いつ死んでもおかしくない状況だった。


 自分は生きている間に何ができるのだろうか、
 と考えていたと思うのです。


  ・「僕には強い運がついちゃある」幸之助は、そう信じ、
   それを言葉にして語った。(p120)


■ですから、「自分は生かされている」
 「自分の人生の使命はなんなのだろうか」
 と考えていたのではないでしょうか。


 そうした松下幸之助が経営者として、
 「生産活動による貧乏の撲滅」を使命として確信したとき
 そこに相手を失神させてしまうほどに叱る強さを
 持てた理由のような気がしました。


  ・人が叱っているとき、相手が腹の中で笑うような
   叱り方ではいけない。いっぺん叱ったら、
   いつまでも効くような叱り方でなければならない。(p303)


■たんたんと松下幸之助の人生を仮想体験し、
 エピソードを感じるには良い本だと思いました。


 本の評価としては、★3つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・幸之助は、この店番の時間が愉しみであった。
   幸之助は、表戸を閉めるまでの二時間ちかく、冬なら火鉢にもたれて、
   すきな講談本を夢中になって読みふけった。(p93)


  ・われわれの事業経営もまた、
   人間としての生活に必要な物資を生産する、
   聖なる事業ではないやろか(p313)


  ・十年も十五年も電池づくりをしていた君が、
   なぜ電池の気持ちがわからんのや。モノというものは、
   目の前に置いてにらめっこしたり、撫でてやったりすると、
   そっと話しかけてくるものや。(p359)


▼引用は、この本からです。

天馬の歌 松下幸之助 (新潮文庫)
神坂 次郎
新潮社
売り上げランキング: 187382

【私の評価】★★★☆☆(78点)



■著者紹介・・・神坂 次郎(こうさか じろう)

 1927年生まれ。
 82年「黒潮の岸辺」で日本文芸大賞、
 87年「縛られた巨人-南方熊楠の生涯」で大衆文学研究賞。
 著書多数。

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)