「本気の教育でなければ子どもは変わらない」原田 隆史

| コメント(3) | このエントリーをはてなブックマークに追加

本気の教育でなければ子どもは変わらない (シリーズ教育を考える)

【私の評価】★★★★★(97点)


■原田先生の最も初期の著作です。


 それだけに、原田先生の試行錯誤、苦労の軌跡が
 しっかりと書いてある一冊でした。


 原田先生の人生は、
 常に自らの退路を断った「決断」によって
 大きく前進しています。


■まず、最初に赴任した中学校で、

 家庭内暴力に悩んだ親が子どもを殺害する、
 同僚が木刀で殴られる、
 生徒を抑えようとした手が目に当たり「暴力」とされる、

 といった事件が続きます。


 そこで「教師を辞めよう」と悩んだ原田先生が
 両親に相談すると、原田先生の母親は、

 「・・逃げたいがための転職やったら、やめなさい」

 とアドバイスしてくれました。


 そこで、原田先生はS中学校に転勤し、
 そこで最後の勝負をすることにしたのです。


  ・よし!しんどい学校で自分が通じるかどうか試そう。
   いままでの倍の仕事をして、うまくいくかギリギリまで
   やってみよう。それでダメなら教師を辞めよう(p81)


■S中は、授業中に踊っている子どもがいる、
 金髪グループが構内をウロウロするという
 いわゆる荒れた中学校でした。


 原田先生は、「ここでだめなら辞める」という覚悟で
 「態度教育」に取り組み、

 警察と児童相談所と連絡を取りながら、
 荒れた中学校を再生することに成功するのです。


■そして、次の決断は、次の中学校、
 大阪市立松虫中学校に転勤してからです。


 この学校も荒れた中学校でしたが、
 「態度教育」で落ち着かせることに成功します。


 しかし、陸上では大阪府の大会でさえ
 「勝てるわけがない」というレベルでした。


 そこで、またしても原田先生は、
 生徒に本気を伝えるために
 次のような宣言をするのです。


  「三年間で日本一にできなかったら、教師を辞める!


  ・自分が本気であることを伝えるために、こう宣言しました。
   「三年間で日本一にできなかったら、教師を辞める!」
   集会のあと、ある子どもが、
   それが本当なら紙にかいてくれといってきました。・・・
   その子はコピーをとって、みんなに配ってしまいました(p107)


■その後、原田先生は、
 松虫中で13回の日本一を達成します。


 私には、退路を断った「決断」の力が
 伝わってきました。


 当然、生徒にも伝わったはずです。


  ・なんとしてでも、
   原田先生を日本一の監督に
   したかったんです(p120)


■この本を読んで、

   ・「得るは捨つるにあり
   ・「捨我得全」

 の意味が少しだけわかったような気がしました。


 覚悟を決めた人は強いのです。


■私は、原田先生の本をすべて読みましたが、
 この本が一番、原田先生の人生と思いを
 伝えてくれる一冊だと思いました。


 本の評価としては★5つ、97点とします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・私は、練習以外にまず、何かの仕事、役割を与えることにしています。
   用具を準備する、砂場の砂をならす、用具を片付ける、・・・きちんと
   できていたら、すぐに・・・呼んでほめる。・・・これは子どもにとって、
   癒しになると同時に、小さな成功体験になります(p20)


  ・態度教育・・・クツをそろえる・イスを机のなかにいれる
   ・カバンを立てる・元気のいい弾んだ「ハイ」という返事
   ・人より早くあいさつをする・背筋をピンと伸ばした姿勢・・・
   子どもたちとの根比べです。できたらほめる。
   できなかったら、教える。(p48)


  ・私は後輩の若い先生たちに、赴任先に行くときは、
   ・・・「こういう学校にしたい」「こんな学校をつくりたい」
   という目標を持つことが大切だと説明します(p95)


  ・文部科学省は、新学習指導要領を最低ラインととらえ、
   土曜日、日曜日の自由時間で個性に合わせて、生きる力を
   高めなさいといっている。しかし現場の教師、保護者、子どもは、
   ゆとりだから手をゆるめよう、休もうと思っている(p32)


▼引用は、この本からです。

本気の教育でなければ子どもは変わらない (シリーズ教育を考える)
原田 隆史
旺文社
売り上げランキング: 8950
おすすめ度の平均: 5.0
5 教育者を目指す人の必読書
5 感動!!感動!!感動!!
5 出会えてよかった。
5 言葉にならない感動
5 陸上と思うな人生と思え

【私の評価】★★★★★(97点)



■著者紹介・・・原田 隆史(はらだ たかし)

 1960年生まれ。大学卒業後、公立中学校で体育教師。
 松虫中学校では7年間で13人の日本一を輩出。
 現在、大学で教師の育成にあたるかたわら、現役教員のための
 私塾「教師塾」を主宰。著書多数。


■関連DVD■

DVD仕事と思うな、人生と思え」原田 隆史
【私の評価】★★★★★

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(3)

私は、あまり本を読むほうではなく、読むのも遅く、したがって本屋に行くことも少ないので、良い本、良い著者に関する情報源として、とても助かっています。

本日メールで推薦のあった本を数冊書店で購入しましたが、原田隆史の「本気の教育でなければ・・・・」
を立ち読みした際、バキュームカーの仕事の箇所で感動しました。もちろん買いました。

毎日配信される内容から、実際に月に1冊~2冊実際に購入しています。

最近では「本気の教育でなければ子どもは変わらない」原田 隆史著に心打たれました。

教育者ではないですが、部下を持つ身としては同じような心構えが必要な場合もあることを、改めて考えました。

このメルマガから購入して感動した書籍は、
「本気の教育でなければ子供は変わらない」原田 隆史氏
です。

ここまでの教師がいるのかと感激!
会社でも、家庭でも、社会でも、根本は同じ。
でも実践は難しいです。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む