「竹中式マトリクス勉強法」竹中 平蔵

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

竹中式マトリクス勉強法

【私の評価】★★★★☆(89点)


■竹中平蔵さんの講演を聞いたことがあります。


 政治家を引退した後でしたので、

 「学者の今は好意と善意をもって聞いてもらえるが、
  政治家のときは悪意と敵意をもって聞く人ばかりだった」

 と言っていたのが印象的でした。


■さて、この本での竹中式勉強法は、
 非常にオーソドックスであるのが第一印象です。


 というよりも、
 実際に本人がやっていることだからこそ、
 基本に忠実であり、
 実践的ということなのでしょう。


  ・「勉強したいこと」が見つかれば、
   成功したも同然
(p28)


情報は定点観測する、問題集は繰りかえす、
 英語はスピーチを暗唱する、逆算で計画するなど、
 基本に忠実であることがわかります。


 あとは、それを実践できるのか、
 できないかなのでしょう。


  ・私は、有名なキング牧師の「I have a dream」や、
   ケネディの大統領就任演説などを必死になって
   覚えました。(p130)


■竹中さんの勉強法は勉強になりますが、
 それ以上に政治家としての経験から

 「聞き上手、ほめ上手になれ

 など生きる知恵が
 ちりばめられていることが好印象でした。


 本の評価としては、★4つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・無駄な消費をするよりは、若いうちは自分に投資する
   そしてお金に余裕があるシニアになったら、
   今度は誰かに投資する・・・
   こんなお金の使い方をする日本人が増えれば、
   この国はもっとよくなると思います。(p85)


  ・受験勉強・・・
   同じ問題集を、何度も解く(p99)


  ・小泉さんは大事な話は必ず、
   相槌も打たず押し黙り、
   目をつむって聞く癖がありました。・・・
   最後まで聞いた後は必ず、
   「それはつまり、こういう意味ですか」
   と念を押される。そして、
   「ありがとうございました」と言って引き下がり、
   一人になって考えて、
   最後は必ず一人で決断するのです。(p187)


▼引用は、この本からです。

竹中式マトリクス勉強法
竹中 平蔵
幻冬舎
売り上げランキング: 32
おすすめ度の平均: 4.0
5 少しヒントがほしいときにお薦めします
3 肩透かしをくらう
4 気軽に読みやすい本
4 努力の大切さ
3 学者の書いた「自己啓発書」

【私の評価】★★★★☆(89点)



■著者紹介・・・竹中 平蔵(たけなか へいぞう)

 1951年生まれ。日本開発銀行、大蔵省財政金融研究所、
 大阪大学経済学部助教授、ハーバード大学客員准教授、
 慶応義塾大学総合政策学部教授などを経て
 2001年経済財政政策担当大臣。02年に金融担当大臣。
 2004年には郵政民営化担当大臣を兼務。
 2005年総務大臣。2004年には参議院議員当選。
 06年小泉内閣とともに政界引退。
 現在、慶応義塾大学教授グローバルセキュリティ研究所長など。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む