「弁護士が教える気弱なあなたの交渉術」谷原 誠

| このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術

【私の評価】★★★★★(94点)


■交渉術の本では「ハーバード流交渉術」が好きなのですが、
 それを超える本が登場しました。


 この本です。


 ハーバード流の基本は、
 人と問題を分離すること。


 つまり、相手の感情には配慮しながらも、
 あくまでそもそもの目的を明確にし、
 相手に冷静な判断を求めるものです。


  ・辻さんは、対立を避けるために譲歩せず、
   「そもそも~」と交渉の目的を明らかにしました。
   それが相手への脅しにもなっています。(p43)


■この本では、こうしたハーバード流に加えて、
 弁護士である著者が交渉の場で活用できるコツを
 具体例を示して、その対策を教えてくれます。


 「仮に○○なら・・・」で相手の情報を引き出したり、
 期限を設定したりするなど、相手のウソへの対策などは
 いかにも使えそうです。


  ・私たち弁護士が相手に何かを請求する場合にも、
   必ず期限を設定します。(p120)


■社内も含めれば、世の中の仕事は、
 すべてが( 交渉 )といえるでしょう。


 ですから、すべての人が交渉術を学ぶべきです。


 具体例も豊富でわかりやすく交渉術の入門書として最適な
 一冊だと思います。★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・自分の取り得る立場と
   相手の取り得る立場を
   可能な限り多く想定しておくこと(p164)


  ・人は信用しても、判断の前提となった事実は疑いましょう。
   「疑う」という言葉に抵抗があれば、
   「事実を検証する」と考えましょう。(p49)


  ・「予算がないんだ」→「本当は買いたいのだけれども、予算が足りない。
   「必要性がない」→「・・・どのようなメリットがあるのか証明してほしい
   「決裁権がない」→「私はぜひ欲しい。でも決裁権がない・・・」(p112)


▼引用は、この本からです。

弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術
谷原 誠
日本実業出版社
売り上げランキング: 200
おすすめ度の平均: 4.5
4 苦手意識を克服してやろうぜ!
4 良書だと思います。
5 実用的な良書です。
5 非常に読みやすい
5 わかりやすい

【私の評価】★★★★★(94点)



■著者紹介・・・谷原 誠(たにはら まこと)

 1968年生まれ。弁護士。
 1991年司法試験に合格。
 みらい総合法律事務所を共同で経営。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)