「性格は捨てられる」心屋 仁之助

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

性格は捨てられる
【私の評価】★★★★★(92点)


■著者は、短気で怒りっぽく、会社でも家でも
 「自分は正しい」
 「なんでこんなこともできないんだ!」
 と考える人間でした。


 ところが一冊の本との出会いから、
 良いイメージの自分を作り、自分を許し、
 行動を変えることができるようになったそうです。


 さらには、そうした性格を克服した結果、
 会社を辞めて、セラピストとして
 活動を開始しました。


■本書では、性格を形作るセルフイメージと
 過去の経験との関係を説明し、
 自分というものを見つめなおす作業から始めます。


 自分が性格と思っていることは、
 過去の経験と体験から蓄積し、
 作られたものなのです。


  ・「昔は必要だった」その性格も
   「いまは必要ではない」(p51)


■そうした本当の自分を理解したら、
 それをセラピーのなかで、
 許し、方向修正をしていいます。


 コーチングの手法や、
 心理療法といったものを
 イメージしてみると分かりやすいでしょう。


  ・自分のまわりを覆っている「壁」「バリア」を感じてみます。
   ・・・壁を動かしてみます。・・・その壁を壊してみましょう。
   ・・・「えいっ!」と、外に出てみます。(p126)


■一生懸命に生きてきた自分をふり返るために
 最適な一冊だと思います。


 実際にカウンセリングを受けるには費用がかかりますから、
 まず、この本でカウンセラーの手法を理解してから、
 判断してみると良いと思います。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・ある人たちの前では、緊張したり、
   話が続かないけれども、
   別の人たちと一緒にいるときには、
   それがまったくない・・・
   「一緒にいたくない人に無理にあわせようとしていた・・・
   「本当の自分の気持ちを無視していた」
   ことが問題だったのです。(p67)


  ・自分の価値観でなく、他人の価値観で生きていこうとすると、
   なんとも不思議なことに、・・・
   本当の自分を出すまで「個性(本当)の自分」は、
   事件を引き寄せ続けてしまうのです。(p86)


▼引用は、この本からです。

性格は捨てられる
性格は捨てられる
posted with amazlet at 08.09.16
心屋 仁之助
中経出版
売り上げランキング: 1692
おすすめ度の平均: 4.0
4 実践本
5 自分を見つめなおす本です!
5 素晴らしい!
3 なぜ性格を捨てられるのか?

【私の評価】★★★★★(92点)



■著者紹介・・・心屋 仁之助(こころや じんのすけ)

 セラピスト。京都を中心に心理療法・NLPを取り入れた
 セラピーを行う。
 自ら性格を改善した体験から「性格改善」を専門とする。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)