「一瞬でデキる奴になる!48の心理テクニック」内藤 誼人

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

一瞬でデキる奴になる!48の心理テクニック
【私の評価】★★★★☆(84点)


■職場で使える「心理テクニック」集です。


 ときどき「悪の職場テクニック」とも言える
 ヤバイ技術も書いてあって、飽きません。


■たとえば、何かを頼む時には、
 必ず理由をつけるようにします。


 本当は感覚的なもので、理由はない場合でも、
 理由があったほうが指示された人としては
 従いやすいものです。


  ・職場では、言いにくいことでもどんどん主張していくことが
   大切だ。・・・注文を通すには、「理由らしきもの」を
   用意しておけば、より効果的である。(p79)


■また、意識的にやっているのではないでしょうが、
 上司と話すときに緊張している雰囲気の人がいますが、
 これはこれで上司は悪い気はしないものです。


 多分、性格的なものもありますが、
 それまでの経験のなかで、緊張しているほうが、
 その場をうまくとりつくれたということもあると思います。


  ・わざと緊張してみせるのも一つのテなのだ。・・・
   相手は、「俺は緊張されるほどの人物なのだ」
   と勝手に勘違いして、
   悦に入ってくれるであろう。(p25)


■こうしたテクニックは、
 長年の経験から自然とやっている人もいますが、
 まったく気づかない人は、
 教えてもらわなければ一生わからないままでしょう。


 使う必要はありませんが、
 知っておくことが大切だと思います。


 最後まで飽きずに読めましたので、
 本の評価としては、★4つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・「・・・すぐに顔が"真っ赤"になっちゃうんですよ」・・
   欠点、弱み、コンプレックスを
   自分から暴露するのは、
   誠実さのアピールになるのである。(p14)


  ・私は喫煙者であるが、人と会う時には、
   なるべくタバコを我慢する。・・・
   なぜなら、「喫煙者」には、
   ネガティブなイメージがついて
   回っているからである。・・・
   軽く考えてはいけない。(p57)


  ・大人が子供を叱りつけるような注意の仕方は良くない。
   もう少しうまくやった方がいいよ、
   とアドバイスすればいいのだ・・・
   「査定にひびくかもしれないから、
   もう少しうまくやった方がいいぞ」(p146)


  ・こちらが弱々しい姿勢でいると、攻撃的な上司は、
   これでもか、これでもか、というくらいに
   高圧的な態度をとる・・・
   手っ取り早い方法が、「笑顔を見せない」
   というやり方だ。
   無表情のままで受け答えしよう。(p155)


  ・がむしゃらに仕事をしていても、
   能率は上がらないものである・・・
   誰でも安全・確実に実行できる「おサボり」戦術は、
   「風邪」を引いてしまうことだ。(p93)


▼引用は、この本からです。

一瞬でデキる奴になる!48の心理テクニック
内藤 誼人
日経BP社
売り上げランキング: 4981

【私の評価】★★★★☆(84点)


■著者紹介・・・内藤 誼人(ないとう よしひと)

 心理学者。心理コンサルタント。
 著書多数。

読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む