「「先読み力」で人を動かす」村中 剛志

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「先読み力」で人を動かす ~リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント~

【私の評価】★★★★★(94点)


■電通の吉田秀雄さんが書いた「電通鬼十則」のなかに、
 次のようなものがあります。


 二、仕事とは、先手先手と働きか掛けていくことで、
   受け身でやるものではない。

 六、周囲を引きずり回せ!
   引きずるのと引きずられるのとでは、
   永い間に天地の開きができる。

 七、計画を持て!長期の計画を持っていれば、
   忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。


■口は悪いですが、この本は、
 具体的に組織や周囲に先手先手と働きかけ、
 引きずり回す方法を教えてくれる一冊です。


 私が感心したのは、スケジュール作りです。
 著者は3週間のスケジュールを作成しています。


 そして、月曜日の定例会議で、
 この3週間スケジュールを確認しつつ、
 メンバーが今週やる予定の仕事を
 5つ発表
します。


 「5つ」と具体的に指定することで、
 細かく説明する人と、大雑把に説明する人の
 ばらつきをなくしているわけです。


  ・メンバーが記入してきたTOP5のタスクを
   発表してもらいます。
   これはメンバー全員が発表します。


■最終的には、毎週の3週間スケジュールを
 部下の持ち回りとすることを推奨しています。


 部下にリーダーと同じ目線で考えてもらうことで、
 次のリーダーの育成が可能となるのです。


  ・3週間スケジュールを月曜日の
   朝11時の定例ミーティングで発表します。
   このときの発表者は、メンバーの1人が
   持ち回りで行います。(p118)


■多くの有能なリーダーがやっている方法かもしれませんが、
 それを一般的な仕組みに落とし込んで、
 マニュアル的にまとめていることが
 素晴らしいと思いました。


 プロジェクトリーダーのために
 こんな本がほしかった。


 2000冊読んでもこんな本はなかった。
 そう、思わせてくれる本でした。


 現役の著者だから書ける、真に実用的な一冊です。
 文句なく★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・年上のメンバーをリードする方法・・・
   「私がお客様だったら、○×と言うのではないでしょうか?・・・」
   「ではそれを実際にお客様に聞いてみませんか?」(p225)


  ・自分でたたき台(議論のベースになるもの)
   を作成してしまう
(p167)


  ・仕事ができる人は、トラブルを起こさないように、
   前もって起こりうる問題を予測する
  「先読み力」がある(p4)


▼引用は、この本からです。

「先読み力」で人を動かす ~リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント~
村中 剛志
日本実業出版社
売り上げランキング: 75
おすすめ度の平均: 4.0
5 本当の仕事術
3 プロアクティブについて、わかりやすい良書
3 入門書としてはよし
4 個人ベースの日程・タスク管理をチームに拡張
2 先読みの思想は良いと思いますが

【私の評価】★★★★★(94点)


■著者紹介・・・村中 健志(むらなか たけし)

 1996年日本IBM入社。ITエンジニアを経て、
 イギリスに3年間赴任。帰国後、役員補佐を経て、
 IBCS(IBMビジネスコンサルティングサービス)出向。
 2007年には年間最優秀プロジェクトで表彰される。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む