「察知力」中村 俊輔

| コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

察知力 (幻冬舎新書 な 4-1)

【私の評価】★★★★★(92点)


■やや地味ながら、
 サッカー日本代表で光っているのは、
 著者の中村 俊輔選手です。


 この本を読んで、「一流の人には、
 一流である理由がある
のだな」と思いました。


■中村選手は、技術的に高いものを持ちながらも、
 身体的に劣る部分があり、小さいときから
 必ずしも順調に選抜されているわけではありません。


 だから、そんな状況で
 グチを言っても何も変わらない。


 自分の能力を高めて、
 アピールしていくしかないことを
 知っているのです。


 ・ふてくされてしまうのが、
  もっともいけないことだ・・・
  チームメイトのなかにも
  そういう選手を見ることがある。
  そんなとき、「もったいないな」
  と感じる。(p159)


■中村選手の成長の秘訣は、
 とにかく自分に合った
 厳しい環境に身を置くことです。


 そこに身を置くことで、自分の欠点が見えてくるので、
 そこを修正していくと
 次の段階にステップアップできるのです。


 ・刺激がなくなったとき、それを手にするために環境を
  変えることは、ひとつの手段として、
  当然の選択だろう・・・
  「未来の自分」「なりたい自分」を想定し、
  そのために必要な環境を選ぶ
こと。(p100)


■身体的ハンディを持ちながらも、
 常に自分を向上させてきた中村選手に
 一流の凄さを見ました。


 この一冊で、サッカーを見る目も
 変わってくると思います。


 「一流には一流の理由がある」と思わせてくれる
 一冊でしたので、★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「自分にはまだまだ歯が立たない」
  と思える素晴らしさ(p15)


 ・満足してしまい、痛い目にあったことが過去にあるから。
  あんな思いは二度としたくないといつも思っている。
  だから、いつも先を見て、・・・
  準備しなくちゃいけない(p17)


 ・「入った!」というより「練習通りにできた
  という感覚だった。・・・
  たくさんの引き出しがあると、
  自分を信じることができる(p62)


 ・難局こそ、課題を見つけるチャンスだ(p80)


 ・成功だったかどうかなんて、
  引退してから考えることだ。・・・
  どんなことがあっても、大きな目で見れば
  「失敗はない」と思っている・・・
  次へ活かすことができれば
  失敗にはならない。(p165)


▼引用は、この本からです。

察知力 (幻冬舎新書 な 4-1)
中村 俊輔
幻冬舎
売り上げランキング: 30
おすすめ度の平均: 5.0
4 さすが俊輔!
5 ありのままの中村選手であるということ。
5 中村選手への印象が変わりました
5 勝負の世界で生きる者の物語としても、面白い
5 日本を代表する選手の生の言葉

【私の評価】★★★★★(92点)



■著者紹介・・・中村 俊輔

 1978年生まれ。97年横浜マリノス加入。
 2000年MVP獲得するなど活躍。
 2002年にイタリア・セリアAレッジーナ。
 2005年にスコットランド・セルティックFCへ移籍。
 ベストイレブン、年間最優秀ゴール、MVPなど受賞。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)