「遥かなるケンブリッジ」藤原 正彦

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)

【私の評価】★★★★★(91点)


■著者は、文部省の長期在外研究員として、
 イギリスのケンブリッジ大学に
 1年間滞在しました。


 ケンブリッジといえば、
 オックスフォードとならんで、
 イギリスの英知の集まるところです。


■ケンブリッジの研究生活の中から、
 イギリス人の文化、習慣、雰囲気
 というものが見えてきます。


 衰えたとはいえ、
 世界を制覇した大英帝国なのですから、
 文化の厚み、歴史の厚さは
 たいしたものだと思いました。


 ・ロウアークラスの人々の、アッパーミドル以上への
  敵意はかなりのものだった。
  西隣りに住むブライアンから、ラグビーの試合ならよいが、
  ロウアークラスの集まるサッカー試合には、
  家族連れで行かぬよう忠告されていた。(p159)


■この本で特に楽しかったのは、
 高邁なイギリス人教授に、
 ジョークで藤原さんが反撃するところです。


 知的ウィットが秀逸で、教養というものは
 こう使うべきであると、
 妙に納得してしまいました。


 ・この英文学者は、「以前日本から英文学科を訪れた人は
  興味深かった。チョーサーをすらすら読めるのに、
  ほとんど英語を話せなかった」と皮肉まじりに言った。・・・
  私が間髪を入れずに、「アーサー・ウェイリーは源氏物語を
  上手に英訳したが、日本語は話せなかったらしい」と言ったら、
  ニッコリうなずいてから、「よし、あなたの勝ちだ」と言った。(p204)


■藤原さんのジョークに笑いながら、
 イギリスのジョークと教養が
 理解できる一冊でした。


 本の評価としては、★5つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・イギリスに住んだ友人から、「イギリス人には舌がない
  と聞いていたが、本当だった。舌はみなフランスへ行って
  しまったらしい。(p15)


 ・経験から判断すると、フェアーであることを、
  イギリス人は絶対的なことと考え、
  アメリカ人は重要なことと考え、
  ヨーロッパ人は重要なことの一つと考え、
  日本人は好ましいことと考える。(p35)


 ・昼食の時間には、サンドイッチを持って来る子と
  自宅に帰る子が半分強で、残りは、リンゴ一個とか、
  バナナ一本、ニンジン一本とチョコレートバー一本、などと様々だった。
  イギリスの子供の顔色が青いのは、天候ばかりでなく、
  無配慮な食生活にも関係していると思う(p62)


 ・マユミ・ザイラー先生は、寛太郎が上手に引けなくても、
  まず、「寛ちゃん、良かったよ!」と独特の抑揚のある
  日本語でほめ上げるのが癖だった。
  寛太郎が気分を良くした頃合を見て、
  「でもこうしたらもっとよくなるよ!」と言って
  技術的な注意を与えるのだった
。(p180)


▼引用は、この本からです。

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)
藤原 正彦
新潮社
売り上げランキング: 633
おすすめ度の平均: 4.5
5 イギリスから学ぶこと。
3 才能があったり,コネがあったりすると,いいなぁ
5 秀逸なエッセイ
5 英国の大学内情
4 イギリスとイギリス人を知ることで日本と日本人を知る。

【私の評価】★★★★★(91点)


■著者紹介・・・藤原 正彦(ふじわら まさひこ)

 1943年生まれ。
 お茶の水女子大学理学部教授。数学者。
 故・新田次郎と藤原ていの次男


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png




メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む