「続ける技術」石田 淳

| このエントリーをはてなブックマークに追加

「続ける」技術

【私の評価】★★★★☆(80点)


■石田さんの継続する技術をまとめた一冊です。


 内容としては、非常にシンプルで、
 先人が言っていることとあまり変わりません。


■まず、やりたい行動を決め、
 いつ、どの程度やるかを具体的に決めます。
 紙に書き出すのが、ベストです。


 ・行動コミットメント(契約書)を作ろう・・・
  ターゲット行動をいつ行うかを決めてください。
  朝なのか、夜なのか、昼休みなのか。・・・(p120)


■次に、行動を起こしやすい環境を作ります。


 まずは、やりやすい環境作りです。
 ジョギングなら、ウェアをすぐ着られるように準備します。


 もう一つは、それを邪魔するものを排除することです。
 ジョギングよりテレビを見てしまう人は、
 テレビを排除しましょう。


 ・「ジョギングをする」という行動を続けたい人は、
  たとえばトレーニングウェアをすぐ着られる状態に
  しておきます。(p77)


■そして、行動を記録します。


 グラフ化して、「見える化」することが大切です。

 さらに、それを公開すると
 実施率が高まるようです。


 ・ラストゴールとスモールゴールを設定したら、
  これを公開します。ゴールと現在の状況を公にし、
  途中でやめられないように自分を追い込むのです。(p108)


■「目標の数値化、環境整備、見える化」と、
 このように見てみると、トヨタの方法と同じですね。

 目標達成の本質があると思いました。
 ★4つとします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・人間は、本人がメリットを感じないと行動しないものです。
  ・・・メリットとは、平たく言えば「ごほうび」です。・・・
  ジョギングのあとで冷たい飲み物を飲む(p82)


 ・誰かに手助けしてもらうのも有効です。・・・
  なわとびが終わったら奥さんにほめてもらう。・・・
  ブログやMixiでダイエットの経過を公開する、ということも、
  実は同じなのです。(p133)


 ・Dさんが提案したのは、毎日20分かけて部屋を整頓すること・・・
  夫の発案でポイントカードを作ることにしました。
  家族それぞれが持っておき、仕事をするたびにシールを貼っていくのです。
  「カードが一杯になったら外食だ。(p151)


▼引用は、この本からです。

「続ける」技術
「続ける」技術
posted with amazlet on 08.03.12
石田 淳
フォレスト出版 (2006/10/20)
売り上げランキング: 213
おすすめ度の平均: 4.5
2 三ヶ月続ける技術ではあれど・・・・
5 人生が変わった一冊
4 行動科学に基づいて、切り口がとても参考になる。その切り口が一冊を通じてぶれないので、読みやすい。

【私の評価】★★★★☆(80点)



■著者紹介・・・石田 淳(いしだ じゅん)

 (株)ウィルPMインターナショナル代表取締役社長。
 (株)ウィルエデュケイトスクール代表取締役社長。
 行動科学マネジメント研究所所長。ADIジャパン代表。
 1998年退職し、学習塾の経営を開始する。
 人間の行動科学を米国のADI社に学ぶ。
 5年で直営90教室を開校。行動科学を社内マネジメントと
 教育システムに導入し、成果を出している。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)