「そうだ、葉っぱを売ろう!」横石 知ニ

| コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生

【私の評価】★★★★★96点)


■農協という組織は問題が多いと思っていましたが、
 そんな農協にもアホがいることをこの本で知りました。


 では、どんなアホなのでしょうか?


■著者は、共済や保険はいらないと断言して、
 農製品を売ることのほうが大切だと主張します。


 朝から晩まで、全国を製品の営業に走り回り、
 給料を商品開発のためにすべて使ってしまいます。


 給料はたったの15万円ですから、
 これは完全なアホでしょう。


 ・その講演で私は、黒板に大きく堂々と書いた。
  「営農指導はいらない」それぐらい、売ることが大事、
  販売することのほうが大事だと訴えた。・・・
  「共済はしない」・・・共済や保険よりも、売ることのほうが
  さらに大事だと主張した。・・・けっこう批判もあった。
  農協の組合長からも怒られてしまった(p47)


■著者は、地元で売れる商品を考えているうちに、
 「葉っぱ」を商売にしてみようと考えました。


 料亭などで高級料理と一緒に出される
 つまものと言われる「葉っぱ」です。


 しかし、「葉っぱ」を市場に出せば売れるというわけではありません。
 お客である料亭が望む商品でなくてはならないのです。

 そこで著者は、自腹で料亭通いをはじめ、
 お客として「葉っぱ」の使われ方を学び続けました。


 ・自腹で料亭へ勉強へ・・・料亭の経費は全部自分でまかなった。
  当時私の給料は手取りで15万円くらいだった・・・
  家には1円もいれていなかった(p69)


■こうした努力もあって、
 平均年齢70歳のお年寄りたちがつくる
 「葉っぱ」の売り上げは数億円の規模となりました。


 さらに、相乗効果として、
 お年寄りがイキイキと生活して、
 福祉に頼らず自分で行きようという人ばかりになっていったのです。


 ・年金暮らしだったお年寄りは、「彩」で収入ができて所得税を
  納めるようになり、毎日のように行っていた診療所やデイサービスも、
  忙しくなってそれどころではなくなった。(p96)


■これはすごいことです。
 お年寄りにも貢献できる仕事が存在するのです。


 こうしたお年寄りの仕事を創造していくことができれば、
 日本の将来は明るいと言えるでしょう。


 著者の信じられないくらいのアホさかげんと、
 「日本の将来への提言」の可能性を信じて★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・おばあちゃんたちの収入は、今ではすごいことになっている。
  多い月に売り上げが200万円とか、年収1000万円を超える
  農家も出てきた。平均年齢70歳で、これはすごいことだ。(p152)


 ・「気の空洞化」と私は言っているが、市町村合併によって、
  田舎の人の「気」はものすごく落ちた。・・・役場がなくなり、
  学校がなくなり、一次産業が儲からない。
  ・・・特に学校がなくなる
  ということぐらい、「気」を空洞化しているものはない(p195)


▼引用は、この本からです。

そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生
横石 知二
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 861
おすすめ度の平均: 5.0
5 農村の実態と地方再生、ベンチャー経営、そして経済が良く分かる
5 笑顔が目に浮かびます
4 明るい未来のヒントです
5 ビジネスの原点
5 仕事とは何かを教えてくれる一冊

【私の評価】★★★★★(96点)



■著者紹介・・・横石 知ニ(よこいし ともじ)

 1958年生まれ。79年徳島県の上勝町農協に入社。
 86年つまもの商品「彩」を販売。
 96年上勝町役場産業課に転籍。
 99年第三セクター「株式会社いろどり」取締役。
 05年代表取締役副社長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(2)

昨年末読んだ本ですが、個人的には2007年のベスト3に入る一冊でした。

横石さんの発想と行動力と巻き込み力に感銘を受けました。

何事も「まず動いてみる」ことだと思いました。

「そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生」は
四国の葉っぱ事業のお話です。

住民が一体となることで、みんながいきいきと暮らせる様子がわかりました。

私も生きがいを持って生活したいと感じました。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む