「夢をかなえるゾウ」水野 敬也

| コメント(7) | このエントリーをはてなブックマークに追加

夢をかなえるゾウ

【私の評価】★★★★★(97点)


■こんな本を待っていた!


 夢をなくしたサラリーマンが、
 関西弁のゾウと出会い、
 成功法則を学んでいきます。


 「笑いが大切」とゾウが教えてくれるのですが、
 この本自体が笑えます。


 ・「笑わせる、いうんは、『空気を作る』っちゅうことなんや。
  場の空気が沈んでいたり暗かったりしても、
  その空気を変えられるだけの力が
  笑いにはあるんや。(p64)


■タバコを吸って、貪欲なゾウの神様は
 アホに見えるのですが、


 ときどき教えてくれる成功法則は、
 島田紳助のマジメな話のように
 インパクトがあります。


 マジメに、目標を決めて、
 それを達成する計画を作れといわれるよりも、
 アホっぽいゾウから言われるほうがインパクトがあるわけです。


 ・上司から『これやっとけ』言われるからそれをやって、
  とにかく反応して、反応して、
  反応し続けて一生終えるんや。
  そんなんで、自分の人生手に入れられるわけないやんか。
  自分の人生手にいれとるやつらはな、
  全部自分で考えて計画立てて、
  その計画どおりになるように
  自分から世界に働きかけていくんや
。(p85)


■ゾウと遊園地で遊びながら、


 あんみつを食べながら、


 パチンコをしながら、


 人を褒めることの大切さ、


 実行することの大切さ、


 感謝の大切さを学んでいきます。


 ・「もし自分が変われるとしたら、
  行動して、経験したときや。そんときだけやで

  「分かりました」
  「ほんまに分かってるか?」(p254)


■実は、ゾウの神様は理想のコーチなのではないかと
 思いました。


 なぜなら、私のコーチ
 のように本来の夢というものを考えさせてくれるからです。


 ・本来の夢って違うねん。誰に言われるでもなく、勝手に想像して
  ワクワクしてしまうようなんが夢やねん
。(p140)


■久しぶりの大ヒットとなりました。


 著者の処女作「ウケる技術」はあまり良いと思いませんでしたが、
 これだけの成功本が書けるのですから、
 かなりの数の成功哲学本を読み込んでいるのでしょう。


 文句なくみなさんにご推薦します。
 買ってください。
 あっ、★5つです。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「靴、みがけや」(p28)


 ・ええか?人は、自分の自尊心を
  満たしてくれる人のところに集まるんや
(p191)


 ・ワシが言いたいのはな、
  自分がこうするて決めたことを実行し続けるためには、
  そうせざるを得ないような環境を
  作らなあかんいうことや
。(p117)


 ・親がおらんかったら今この世に生まれてへんのやで・・・
  話しているうちにケンカになっちゃうんです・・・
  別にケンカになってもええがな。
  親は自分の声が聞けるだけで
  安心しとるのかもしれんで。
  『愛の反対は憎しみやない。
  無関心や』言うやろ(p182)


 ・欲しがれば欲しがるほど、欲しいもんは逃げていくんや。
  自分が満たされてへんと、人を喜ばせることはでけへん
  人に与えることがでけへんのや(p310)


▼引用は、この本からです。

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ
posted with amazlet on 07.09.26
水野敬也
飛鳥新社 (2007/08/11)
売り上げランキング: 12
おすすめ度の平均: 5.0
4 まず最初にオススメしたい自己啓発本はこれだ!
5 あらゆる成功マニュアル本の集大成
5 人は毎日のちょっとした心掛けで変わる!

【私の評価】★★★★★(97点)


▼オーディオブックを読む

夢をかなえるゾウ


■著者紹介・・・水野 敬也(みずの けいや)

 1976年生まれ。
 大学時代に、1分100円で人をホメちぎる「ホメ殺し屋」を始める。
 著作に「ウケる技術」「BAD LUCK」がある。
 コラム連載。講演多数


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)