「ワルの恋愛術」内藤 誼人

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ワルの恋愛術--ワルな男は3秒で女を虜にする!

【私の評価】★★★★☆(80点)


●内容は正統的な恋愛術です。


 最初は「女に慣れろ!」から入りますので、
 かなり実践的です。


 その次に、モテる男の友だちを増やすことを
 勧めています。


 内藤さんの実戦経験が
 反映されているものと推察されます。


 ・理屈はどうでもいいから、
  まず女に慣れろ(p14)


●その後は、心理学を応用した
 テクニックが続きます。


 まずは、女性にアタックすることが
 必要ですね。


 宮崎県の東国原知事も
 "いとうかずこ"と結婚したときは、
 かなり積極的にアタックしたようです。


 ・一押し、ニ押し、三に押し・・・
  女に好かれる条件は、二番目に「お金」、
  三番目に「男っぷり」(容姿)とつづくんだけど、
  一番大切なことは「押すこと」(p67)


●説得させる秘訣は、仕事でも同じですが、
 根拠を持つことです。


 理由があると、
 人はなぜか納得してしまいます。


 ・"理由"をくっつけて納得させろ・・・
  「もう遅いし、『キミを一人で帰すのは心配だから』、とにかく、
  ウチに泊まってってくれ」って頼んでごらん。(p99)


●「ワルの恋愛術」というタイトルですが、
 このタイトルのつけ方は、
 「ワルの書籍販売促進術」を
 応用したものでしょう。


 内容は「正統的な恋愛本」であり、
 良質だと思います。


 まだ、独身のあなたにお薦めします。★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。

 ・モテる男の友だちとつるんでいれば、
  女の子との出会いが増えるだけじゃなくて、
  恋愛テクみたいなもんまで盗めるんだよ。(p26)


 ・女の子には、「ここ、教えてよ」みたいな
  質問をするのがポイントだ・・・
  人から尊敬されたり、質問されたりってのは、
  実は、とっても"気持ちいい"んだよな。(p24)


 ・頭をよくみせるために、図書館をうまく利用しろ・・・
  子ども向けに書かれた『世界の歴史』とか
  『世界の偉人100人』みたいのを、
  片っぱしから読むんだよ。・・・
  古い映画なんかの「解説」や「あらすじ」
  だけを読むんだ。(p49)


 ・はっきりと夢を語る男もいいな。・・・
  「あなたって、何か夢持ってる?」
  と女の子に聞かれるとするだろ。
  そんなときは、間髪をいれずに、
  壮大な夢を聞かせてあげなきゃダメだ。(p75)


 ・カードだけじゃなくて、現金をたっぷり持ち歩こうよ。
  女の子と会うときにはさ、銀行からお金を
  20万円も下ろしてきて、
  それを財布に詰めておくんだ。・・・
  心に余裕が出てくる(p64)


▼引用は、この本からです。

ワルの恋愛術--ワルな男は3秒で女を虜にする!
内藤 誼人
河出書房新社 (2005/02/22)
売り上げランキング: 1425
おすすめ度の平均: 4.5
5 モテる人の条件を見て欲しい。
5 この本を通して
3 読み物としては面白いですよ。

【私の評価】★★★★☆(80点)



■著者紹介・・・内藤 誼人(ないとう よしひと)

 心理学者。慶応義塾大学修士課程修了。
 専門は説得コミュニケーション学。
 心理学関係の著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む