「史上最高のセミナー」ジム・ローン, ジャック・キャンフィールド他

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

史上最高のセミナー

【私の評価】★★★★★(94点)


●最近、本のソムリエは、本からセミナーに
 力を入れようと思っているのですが、
 セミナーの良さを確信させる一冊でした。


 前半のジム・ローン、「こころのチキンスープ」のマークとジャック
 の話だけで軽く元をとったという気分になりました。


●みなさんに共通しているのは、
 成功するための思考の大切さです。


 成功する考え方を体得し、習慣化してしまえば、
 全てを失っても、
 すぐに成功することができるわけです。


 ・今、家もお金も車もすべて奪われたとしても、
  どうということはない。そういったものを
  つくり出す方法を知っているからね。
  なぜなら、わたしはそういった人間になったのであって、
  所有するもので今の自分になったわけではないからだよ。
  (ジャック・キャンフィールド)(p165)


●では、どうすれば、その成功者の考え方を
 学ぶことができるのでしょうか?


 それは、本であり、人(メンター)なのです。


 自分のためのメンターのチームを作ろうという考え方に
 ひかれました。


 ・マスターマインドは金持ちの
  とっておきの秘密の一つだと思うね。
  基本的には、自分の少なくとも二倍の収入を得ている人を
  五~六人集めてチームをつくるといいだろう。
  (ジャック・キャンフィールド)(p179)


●また、他の共通点としては、
 自分はできるのだという自尊心を持つ大切さです。


 こうした自尊心は、
 小さな成功を積み重ねることで、
 大きくすることができるのです。


 ・自尊心をおおいに高めていくためには、
  何か小さなことを始めるだけでいい。
  (ジム・ローン)(p33)


●最後に、寄付の大切さが繰り返しでてきます。


 寄付というと日本ではあまり一般的ではありませんが、
 大きな力を持っているようです。


 本のソムリエも、この本を読んで
 読書普及活動の利益の一割を
 NPOに寄付をすることに決定しました。


 ・収入の一割を納めた瞬間、
  「世の中」全体が自分に向かって開かれる。
  というのは、それによって自分の態度が変化するだけでなく、
  原因にはすべて結果があるからだ。(ジム・ローン)(p85)


●素晴らしいを突破して、すごい一冊でした。
 ★5つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・メンターの一人、ショアフ氏が教えてくれたんだ。
  「成功とは、自分がそれにふさわしい人間になることで
  引き寄せるものだ」(ジム・ローン)(p20)


 ・こうした夢や目標は、やる気に火をつけるものだよ。
  まず、ただちに行動を引き起こすような目標を持つことが必要だ。
  (ジム・ローン)(p41)


 ・もう一度いってもらえますか、ジム?
  その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない。
  (ジム・ローン)(p62)


 ・自分が望むものを明確にして、それを書き出し、視覚化すること。
  くわえて・・・仲間が集まったら、自分たちの夢をまとめる。
  そうすれば、その二人は奇跡を生み出すことができるんだ。
  (マーク・ビクター・ハンセン)(p97)


 ・『思考は現実化する』はたぶん200回は読んだね。
  (マーク・ビクター・ハンセン)(p101)


 ・非常に成功している人物で
  自分が共鳴できる誰かを見つけることだね。
  そしてこれからニ年間、その人物から学ぶことだよ。
  成功者から学ぶことなく大成功を収めた人はいないからね。
  (マーク・V・H)(p120)


 ・よりよい方法とは、自分の事業を築き上げることなんだよ。・・・
  自分の「フランチャイズの基本形」をつくることが必要なんだ。
  (マイケル・バーガー)(p301)


 ・有名シェフ、ジェームズ・ビアードは何年も前にこう言っている。  
  「すばらしいレストランへの鍵、
  つまり客の推薦を得られるかはただ一つ、
  レストランが客の名前を覚えていることだ」
  とね。(ジム・マッキャン)(p340)


▼引用は、この本からです。

史上最高のセミナー
史上最高のセミナー
posted with amazlet on 07.06.27
マイク・リットマン ジェイソン・オーマン ジム・ローン マーク・ビクター・ハンセン ジェイ・コンラッド・レビンソン ジャック・キャンフィールド ロバート・アレン シャロン・レクター マイケル・ガーバー 河本 隆行
きこ書房 (2006/10/07)
売り上げランキング: 1433
おすすめ度の平均: 4.5
4 言葉が参照するのは結局自分自身
5 とっつきやすい。
1 なんだかなぁ・・・

【私の評価】★★★★★(94点)



▼オーディオブックを読む

史上最高のセミナー
  • 史上最高のセミナー
  • 著者:[著]マイク・リットマン/ジェイソン・オーマン [監訳]河本隆行
  • 価格:1890円(税込)
  • 時間:09時間14分17秒


■著者紹介

 ジム・ローン・・・成功哲学の講演家
 マーク・ビクター・ハンセン・・・「こころのチキンスープ」の著者
 ウォーリー・エイモス・・・チョコチップ・クッキー会社の創設者
 ジャック・キャンフィールド・・・「こころのチキンスープ」の著者
 ロバート・アレン・・・「億万長者入門」の著者。
 シャロン・レクター・・・『金持ち父さん』シリーズの共著者。
 マイケル・ガーバー・・・起業家コンサルタント
 ジム・マッキャン・・・花のフランチャイズのオーナー
 ジェイ・コンラッド・レビンソン・・・ゲリラ・マーケティングの著者


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む