「大人が変わる生活指導」原田 隆史

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

大人が変わる生活指導

【私の評価】★★★★★(95点)


●カリスマ体育教師:原田 隆史さんの
 社会人向けの生き方指導教本です。


 生徒指導に驚異的な実績を残している原田さんから見ると、
 荒れた生徒のうしろには荒れた家庭があり、

 家庭を何とかしなくてはならない!

 大人がしっかりしなくてはならない!

 といった原田さんの強い思いを感じました。


 ・子どもは必ず大人の真似をします。
  とりわけ、悪いものほど伝染します。
  大人の悪い習慣ほど子どもが簡単に真似をするのです。
  非行に走る生徒の後ろには、多くの場合、
  心のすさみを助長する荒れた家庭がありました。(p8)


●子どもの指導も、大人の指導も基本は同じです。


 目標設定用紙で自分のビジョン・目標を明確にして「心を使う」。


 清掃・奉仕活動を行うことで「心をきれいにする」。


 小さな生活習慣を続けることで「心を強くする」のです。


 ・「心を強くする」とは、
  いまの自分の力でやれることをきめて
  毎日欠かさず継続することです。(p20)


●そして、会社におけるリーダーは教師と同じように、
 部下に対してストロークを与える必要があります。


 つまり、声をかける、コミュニケーションで
 相手の心に何かを響かせなくてはなりません。


 ・「大勢の部下を抱えていると、
  一日まったく声をかけなかった部下もいる」と漏らす方もいます。
  これではリーダー失格です。(p130)


●最後には、結局、本気で取り組まなくては
 何も生まれないということです。


 自分が自分の人生に本気にならなければ、
 何も変わらないし、人にも伝わりません。


 ・どんな仕事でも本気になって取り組むことからすべてがはじまります。
  仕事と思うな、人生と思え-。
  これは私が好きな言葉のひとつです。(p16)


●この本は本物です。


 ビジョンシート、マンダラツールの様式も
 示されていますので、これは使えます。(自分も使います)


 ★5つとしますので、
 社会人のみなさんに買っていただきたいと思います。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・松下電器の創業者・松下幸之助氏は、海外でテレビの販売攻勢を
  かけようとしのきを削っていたときに、全国の店長を集めてこう
  言い放ったそうです。
  「電器製品を売るんやない。
  僕の、松下の、理念を売ってきてくれ!」(p106)


 ・繰り返しになりますが、松虫中学校時代に私がもっとも
  力を入れてやっていたことのひとつが、
  清掃活動と奉仕活動です。(p55)


 ・人間はみんな、死刑囚です・・・
  刑務所で充実した生活を送るのは意外なことに
  無期懲役囚よりも死刑囚だというのです。(p71)


▼引用は、この本からです。

大人が変わる生活指導
原田 隆史
日経BP社
売り上げランキング: 5808
おすすめ度の平均: 4.5
4 こんな先生が増えれば学校教育はよくなる!
5 確かにすごいが
4 熱い、とにかく、熱い。
5 久しぶりに感銘を受けた
5 全ては普段の生活から

【私の評価】★★★★★(95点)



■著者紹介・・・原田 隆史(はらだ たかし)

 1960年生まれ。大学卒業後、公立中学校で体育教師。
 松虫中学校では7年間で13人の日本一を輩出。
 現在、大学で教師の育成にあたるかたわら、現役教員のための
 私塾「教師塾」を主宰。著書多数。


■関連DVD■

DVD仕事と思うな、人生と思え」原田 隆史
【私の評価】★★★★★


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

 最近、感動した本は「大人が変わる生活指導」 原田隆史です。

社会人になって、仕事は仕事、遊びは遊び
プライベートとの切り替えをしっかり出来る様になって
いくらか気持ちが楽になってきたと思っていました。


しかし、上司になった以上は部下とはもっと突っ込んでかかわって行かないといけないんだと、
解ってはいたけど上記のいい訳をしていただけなのかもしれません。

今は少し早起きをし、毎朝会社の周りを掃除しながら
出勤する社員に挨拶をしています。


まだまだこちらから挨拶をしなければ素通りする
若い社員もいますが、「先ずは自分から!率先垂範だ!!」
そんな事に気付かせてくれた一冊です。

この本をご紹介して頂いてありがとうございました。

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む