「ウルトラ・ダラー」手嶋 龍一

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ウルトラ・ダラー (新潮文庫)
【私の評価】★★★☆☆79点


●北朝鮮が、拉致をしていたこと、百ドル紙幣を偽造していること、
 核兵器を持っていること、ミサイル技術・巡航ミサイルを開発して
 いることは、外交上の常識のようです。

 本書はフィクション・サスペンス小説仕立てですが、
 こうした外交の常識を織り込んで、どんどん読ませてくれます。


 ・「北の独裁国家は、これほど精巧な紙幣を作り上げ、その資金を
  いったい何に使おうとしているのでしょうか」・・・
  「核弾頭を運ぶ長距離ミサイル。そう、人類を破滅に導きかねない
  大量破壊兵器を手にする資金に充てようとしている-私は
  そう確信しています。(p100)


●精密な偽百ドル札が発見されたことを発端に、
 その製造者を特定するため、各国の諜報機関が動き出します。

 そして、巡航ミサイルを東欧から入手しようとする
 北朝鮮と、それを阻止しようとする西側各国の諜報機関。


●本書が発行されたのが18年3月、北朝鮮ミサイル発射が18年7月、
 北朝鮮が核実験を実施したのが18年10月ということを考えれば、

 本書がいかに正確に状況を把握して書かれているか
 ということが分かります。


 ・北朝鮮に精巧を極めた偽札を刷らせて、核弾頭を搭載できる
  巡航ミサイルを持たせる。それによって日本への抑止力とする-
  こうしたシナリオの背後には中国の意志があったというのですか
  (p314)


●サスペンス小説としては力不足ですが、
 ノンフィクションとして外交・諜報の世界を見ることができました。

 国民には知らされない事実が、
 外交にはあることを実感しながら、★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「これじゃ新札だ。どこにも瑕なんかありやしない」・・・
  北回りルートで初めて姿を見せた「百ドル紙幣」は、
  その巧緻を極めた出来栄えから「ウルトラ・ダラー」と
  呼び慣わされるようになる。(p39)


 ・北の独裁国家は、もう三十年も前に、印刷熟練工を何人も
  日本から拉致していた。・・・敵国の紙幣を偽造させるために
  拉致したんだ。(p115)


 ・アメリカは、もう三十年も前に金との交換を停止してしまっている。
  こうしてドルと銘打った紙切れが増産されている現場にいると、
  アメリカこそ壮大な紙幣乱造国家だという気がしてくるな(p110)


▼引用は、この本からです。

ウルトラ・ダラー (新潮文庫)
手嶋 龍一
新潮社
売り上げランキング: 33503
おすすめ度の平均: 3.0
3 興味深いけど面白味は...
4 ジャーナリストが外交問題にふみこんだ小説
1 何が書きたいのか
3 盛り上がりや危機感がない
5 知的な駆け引きが楽しめる

【私の評価】★★★☆☆79点


■著者紹介・・・手嶋 龍一(てしま りゅういち)

 1949年生まれ。NHK政治部記者として外交・安全保障を担当。
 その後、ワシントン特派員、ハーバード大学国際問題研究所フェロー、
 ボン支局長、ワシントン市局長。
 2005年独立して外交ジャーナリスト・作家となる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む