「空気げんこつ」鹿島 茂

| このエントリーをはてなブックマークに追加

空気げんこつ (角川文庫)

【私の評価】★☆☆☆☆(58点)


■フランスに詳しい鹿島さんによるエッセイです。


 ちょうど2000年の前くらいで世紀末で、
 バブルがつぶれた頃でしょうか。


 時代は変わっていくのですね。


 鹿島さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・寝取られ亭主という人種に、フランス語では、
 コキュ、コルネット、コルナールという
 三つの単語が用意されている(p18)


・現代の女性たちは、既婚未婚の別を問わず、
 「好きな男と」という条件つきではあっても、
 ほぼ全員が、機会がありさえすればセックスしたい、
 気持ちのいいセックスをしたいと感じているのである(p45)


・「文化は水と同じように、かならず高い国から低い国へと流れる
 坂口安吾は文化の本質をおおむねこう定義づけている(p78)


・「大きくなったら、何になりたいですか?」
 「父のように、大学の先生になりたいです」・・・
 「どうしてですか?」
 「楽そうだから」(p114)


空気げんこつ (角川文庫)
鹿島 茂
角川書店
売り上げランキング: 97,724

【私の評価】★☆☆☆☆(58点)



人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)