「稲盛和夫のガキの自叙伝」稲盛 和夫

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
【私の評価】★★☆☆☆69点


●日本を代表する創業者といえば、京セラを創立した
 稲盛和夫氏はその一人として十分な資格があるでしょう。

 その創業からの歴史を読んでみると、
 ひたすら熱心に仕事をしてきた稲盛氏の姿勢がわかります。


 ・二年余り、盆も正月もないような日々が続き、期限までに納入
  することができた。最後のトラックが走り去るのを見送りながら
  しみじみ思った。「人間、能力は無限だ」(p106)


●そうした、一所懸命さに加えて、アメーバ経営といわれる
 会社を小さな組織に分割し、責任と権限を与える手法も
 成功の原因の一つでしょう。


 ・私は個人の能力を最大限発揮させ、みんなが生きがいを持って働ける
  ようにするには、どうしたらいいか考えた。思案の末、創業時に
  戻ればいいと思い当たった。全員が経営者になるのだ。(p97)


●自叙伝ということで、稲盛氏の人生を一冊の本にまとめているのですが、
 稲盛氏の波乱万丈の人生を凝縮したために、
 やや内容が抽象的、表面的な感覚を覚えました。

 そうは言っても、稲盛氏の熱意は伝わってきます。★2つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・マスコミに書き立てられて大変な目に遭っている、と話した。
  「それはしょうがありませんな、稲盛さん。苦労するのは
  生きている証拠です」。(西方擔雪老師)


 ・波乱万丈の人生どんな苦労や逆境に遭遇しようと、恨まず、
  嘆かず、腐らず、明るくポジディブに人生を受けとめ、
  素直に努力をすればよい。どんな運命に対しても、感謝の念を持ち、
  前向きに生きていくなら道は必ず開けていくものだ。(p261)


▼引用は、この本からです。

稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
稲盛 和夫
日本経済新聞社
売り上げランキング: 41674
おすすめ度の平均: 4.5
5 使命感を持った経営者
5 いつの時代も変わらないであろう、男としての生き方
5 背景を読むべし
4 稲盛和夫の半生を俯瞰する手引書
5 経営の生々しい一面

【私の評価】★★☆☆☆69点


■著者紹介・・・稲盛 和夫

 1932年生まれ。大学卒業後、55年松風工業入社。
 59年京都セラミックを設立。社長、会長を経て97年より名誉会長。
 84年には第二電電(現KDDI)を設立。会長に就任。
 2001年より最高顧問。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む