「日本人と中国人どっちが残酷で狡猾か」渡部 昇一、孔 健

| このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人と中国人どっちが残酷で狡猾か―乱世は論語に学べ

【私の評価】★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ


●日本を代表する知識人である渡部 昇一氏と、
 孔子の75代直系子孫である
 孔 健氏との対談を一冊にしたものです。


 その内容は、両国の歴史、文化、政治にわたり
 非常に興味深いものになっています。


 ・「一人の中国人は一人の日本人に勝てる。
  しかし三人の中国人が集まったら、
  二人の日本人に絶対に負ける」と、
  多くの中国人は内部分裂してしまいます(孔)(p108)


●こうした対談を見ていると、
 いかに日本、中国の歴史、文化について
 知らないかということをしみじみと実感します。


 普通の日本人の情報入手の手段が、
 テレビや新聞などのマスコミであることを考えれば、
 知識の浅さは当然のことでしょう。


 ・日本が韓国を併合すると、
  あまりにも識字率が低いことに驚き、
  これはなんとかしなければならないと、
  朝鮮半島中に小学校を作りました。
  そして、その小学校でハングル語を学ばせ、
  日本語を選択科目としました。(渡部)(p90)


●近年、領土問題、教科書などで
 歴史認識が重要になっています。


 しかし、マスコミ報道さえ背後で
 コントロールしようとする勢力がある現状では、
 簡単に巷の情報を信頼できません。


 そうした現状を認識しつつ、
 より多くの情報に接し、
 自分で情報を選別する努力が必要なのでしょう。


 ・通州事件については、戦後はあまりふれられませんが、
  これはまことに痛ましい事件です。
  通州の日本人街に住んでいた
  非戦闘員の日本人と朝鮮人が、
  二百名近くも虐殺されてしまったのです(渡部)(p56)


●対談としては、自分の言いたいことを一方的に話している
 印象でしたが、内容は濃いと思います。
 ★2つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・いまは「中国人の大移動」などということも言われていて、
  お金のみならず人の流出も盛んです。
  中国人は不安でたまらず、
  ことあるごとに外国に逃げていく
からです。(孔)(p69)


 ・盧溝橋事件が毛沢東側の謀略であったことは、
  かなり浸透してきましたが、第二次上海事変も、
  じつは蒋介石のほうが仕掛けた戦争でした。(渡部)(p138)


 ・日本には、「バカ正直」や「正直者がバカを見る」
  という言葉があります。これは、
  『論語』の教えとは正反対ですが、
  人の世にはたしかにそのような側面もあります・・・
  人生を長い目で見れば、
  やはり孔子が言っていることの方が
  正しいのではないでしょうか。(孔)(p226)


▼引用は、この本からです。

日本人と中国人どっちが残酷で狡猾か―乱世は論語に学べ
渡部 昇一 孔 健
徳間書店 (2000/03)
売り上げランキング: 1,112,859
おすすめ度の平均: 4
4 流れのよい対談とは言いにくいが、学ぶ点が多い良書
4 良書である

【私の評価】★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ



■著者紹介・・・渡部 昇一

 1930年生まれ。上智大学卒業後、ドイツのニュンスター大学、
 イギリスのオックスフォード大学に留学。
 上智大学教授。評論家。著者多数。


■著者紹介・・・孔 健

 1958年、中国青島市生まれ。孔子の75代直系子孫。
 山東大学卒業後、上智大学大学院新聞学博士課程修了。
 1985年に来日し、世界展望協会中国代表理事、
 日中スポーツ文化交流協会理事長。
 アジア経済開発センター理事長、中国画報社駐日総代表、
 チャイニーズドラゴン新聞社編集主幹。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)