「弁護士が怖い!―日本企業がはまった「米国式かつあげ」高山 正之 立川 珠里亜

| このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士が怖い!―日本企業がはまった「米国式かつあげ」 (文春文庫)

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■アメリカの法律は恐ろしい。
 素人の陪審員が判決を下す。
 大金を稼ぐ弁護士集団。


 大企業でも訴訟のために
 倒産した会社がたくさんあります。
 アメリカは怖いですね。


 高山さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・かつてセスナと並び年間五千二百機を生産していた
 パイパー社は最も狙われやすい
 プロペラ単発機が主力だったこともあって、
 訴訟禍の被害をもろに受け、
 90年代初めには生産機数たった7機、
 従業員45人に落ち込んだ(p24)


・フロリダ州の多くの総合病院は最も訴えられやすい
 産婦人科を廃止してしまい、所によっては
 産婦人科無医村さえ出現しているほどだ(p36)


・「ジュラシックパーク」・・・
 ティラノサウルスが最初に登場する場面で、
 トイレに逃げ込んだ弁護士が便器にしゃがんだまま
 パクリ食われてしまうシーン。
 最も戦慄すべき恐怖シーンだが、
 アメリカの映画館では(弁護士が食われたので)
 大人たちの大爆笑がはじけていた(p88)


・実際に刑務所までたどり着く犯罪者は
 「全レイプ犯の1.9%にとどまっている」という
 恐るべきレイプ天国・アメリカを示している(p187)


・日本は何故「ライオン・キング」を
 知的所有権侵害で訴えないのか(p249)


弁護士が怖い!―日本企業がはまった「米国式かつあげ」 (文春文庫)
高山 正之 立川 珠里亜
文藝春秋
売り上げランキング: 372,361

【私の評価】★★★☆☆(72点)



人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)