「人は仕事で磨かれる」丹羽 宇一郎

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

人は仕事で磨かれる (文春文庫)
(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)79点


●1999年頃、伊藤忠商事と仕事でお付き合いすることがありました。

 そのころは、子会社の整理を進めており、社員の人たちには、儲けないと
 切られるといった切迫感がありました。本社も売却していましたし。


 ・トップはあらゆることを決断していかなくてはなりません。減損会計に
  しても、社長が「ちょっと待て。これは三年かけてやろう」と言ったら、
  それで終わりです。「一気にやれ」と言ったら、実際に会社はそう動き
  ます。最終的な意思決定はトップにあるのです。(p15)


●そういった社員の真剣さを見て、自分の代で膿を出し切る!
 といった社長の決意は、社員に伝わるんだな~と思ったものです。


●著者の丹羽 宇一郎さんは、一般に変った社長と思われるかもしれませんが、
 実は「素直」なだけなのかもしれないと思いました。

 不良資産があれば、償却する。

 儲からない会社は整理する。

 自分で考えてスピーチする。


 ・もちろん、私も事務局の原稿を見て話すことがあります。でもだいたい
  私の意見と合わないんです。そうすると、正直に言う。「事務局がこう
  言えと言っているんですが、私の意見と合わない。したがって、今日は
  まったく違う話をします」(p182)


●死ぬまで会社にしがみつく経営者もいるなかで、丹羽 宇一郎さんは引き際も
 立派でした。一流です。誠実な人柄に★3つとしました。


 ・私は、一流の人と接することは非常に大事だと思っています。人間は
  一流と接しないといけない。一流の人に会う、一流のモノを見る、触れる。
  買えるなら買えばいい。(p199)


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「問題が起きたら、とにかくすぐに飛行機で飛びなさい。お金がかかるとかは
  問題ではない。人間というのはすぐ飛んで、"フェイス・トゥ・フェイス"
  で解決しなきゃいけない」と(瀬島龍三さんから)言われました。(p48)


 ・海外でもビジネスを行う企業が増えてきました・・・基本は、やはり誠実さ
  と言行一致なんです。絶対に裏切らないこと。言ったことは必ず実行に移す。
  しかも早く行動する。たとえば、「一回、我が社の人間をお宅にお邪魔させ
  ます」と言ったら、三日後には行くように指示します。(p51)


 ・私がこれまでの自分の人生を振り返って誇りに思うのは、絶対に読書を
  欠かさなかったことです。(p125)


 ・トップに立つ人間にとって、もっとも重要なことは何か。それは、部下と
  の直接の対話です。・・・一番驚いたのは、ある事業を幹部に「やって
  いいよ」と言ったのに、回りまわって、末端の海外駐在員には「やっては
  いかん」というふうに、正反対の意味になって伝わっていた(p174)


人は仕事で磨かれる (文春文庫)
丹羽 宇一郎
文藝春秋
売り上げランキング: 21106
おすすめ度の平均: 4.5
5 仕事に対するやる気が上がりました
4 ためになった
5 心構えが参考になります。
4 論客が自らと仕事を語る

(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)79点


●著者紹介・・・丹羽 宇一郎

 1939年生まれ。安保時には自治会委員長を務め学生運動の闘士。
 大学卒業後、伊藤忠商事入社し食料畑を歩む。9年間アメリカ駐在。
 1998年に社長に就任。99年に約4000億円の不良資産を
 一括処理。社長任期6年の公約どおり04年会長となる。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む