「人を惹きつける人間力」ボブ・コンクリン

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加
人を惹きつける人間力
ボブ コンクリン
創元社
売り上げランキング: 151642

(評価:★★★★★)93点


●これだけ人生の知恵を濃縮している本を見たことがありません。それも
 この本が30年以上も前に発行されているとは・・・。


 ・あるエレベーター・ボーイは毎朝こう言っている。「今日は、私の
  生涯で最良の日だ。今日という日は、私にとって初めての日なのだ。」
  (p40)


●毎日、多くの本が出版されていますが、結局、古来から先人が伝承してきた
 知恵を今の人に伝えようとしているだけのような気がします。考え方、
 技術については完成し、本に書いてあるのです。


 ・説得するために質問の力を使うこと(p102)


●作家のオグ・マンディーノは、仕事に失敗し、家族から見放され、絶望の
 なかで死を決意したとき、たまたま図書館に入り、成功哲学の書かれた本
 を手にしました。そして、惹き入れられるようにそこにある数多くの先哲
 の書を読むうちに、自分の愚かさを知り、考え方がすべてを変えるという
 ことに気づくのです。この本も、そのうちの一冊なのかもしれません。


 ・「良い考えと良い行動が良い感情を生み、悪い考えと悪い行動が悪い
  感情を生む」と言えるだろう。もっと簡単に言うなら、「人は自分の
  蒔いたものを、自分で刈り取ることになる」(ガラテア人への手紙
  607)となるのである。(p33)


●なぜなら、その後、仕事で成功したオグ・マンディーノは、自分を救って
 くれたその先人の知恵を世の人々に習慣として取り込んでもらうために、
 「地上最強の商人」という名著を書き上げるのですが、この本には、「地上
 最強の商人」と共通する考え方が数多く含まれているからです。


●創元社ではデール・カーネギーだけでなく、この一冊もプロモーション
 に力を入れていただきたいと思います。それだけ良い本ですし、それが
 出版社の責務でしょう。


★原書の発行年を調べてみました。
地上最強の商人」オグ・マンディーノ   1968年
The Greatest Salesman in the World

人を惹きつける人間力」ボブ・コンクリン 1965年
The power of a magnetic personality


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・たとえば「あなたのお化粧はおかしいですよ」と言ってはいけない。
  「もう少し口紅を濃くすれば、もっと素敵になりますよ」と言いな
  さい。(p204)


 ・「組織化された社会で、事を成し遂げるには、人間に地位を与えなければ
  ならない」ということである。「自分は重要な存在なのだ」と思わせなく
  てはならない。(p110)


 ・話をする時に次の六つのルールを忘れないようにしなさい。
   一.自分をさらけだすこと
   二.自分が関心のあることについて話すこと。
   三.実話や逸話を使うこと。
   四.・・・             (p263)


人を惹きつける人間力
ボブ コンクリン
創元社
売り上げランキング: 151642

(評価:★★★★★)93点


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む