「マザー・テレサ あふれる愛」沖守弘

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

マザー・テレサ あふれる愛 (講談社文庫)

(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点


●私はマザー・テレサを知っていました。


 貧乏な人に手をさしのべる人。


 ノーベル平和賞を受賞した人。


 愛を与える人。


●しかし、本当に理解はしていなかったのです。


 ・「あなたも、私たちと同じように、
  望まれてこの世に生れてきた大切な人なのですよ
  マザーは、そう話しかけながら、
  もう一度力をこめて手をにぎる。(p24)


●家族に見捨てられ道端で死のうとする
 老婆の手をにぎりながら
 マザー・テレサは語りかけます。


 あなたは大切な人なのだと。


●不覚にも通勤バスで
 ボロボロ泣いてしまいました。


 ・人間にとってもっとも悲しむべきことは、
  病気でも貧乏でもない、
  自分はこの世に不要な人間だと思いこむことだ。
  そしてまた、現世の最大の悪は、
  そういう人にたいする愛が足りないことだ。(p23)


●マザー・テレサは、
 まず自分のできるところから何かをしてみなさい
 と言います。


 子どもに話しかける。


 愛する人の手をにぎる。


 それだけで充分だと。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「貧しい人たちはね、オキ、
  お金を恵まれるよりも食べ物をあたえられるよりも、
  なによりもまず
  自分の気持ちを聞いてほしいと望んでいる
のよ」 (p27)


マザー・テレサ―あふれる愛
沖 守弘
講談社 (1984/01)
売り上げランキング: 5,925
おすすめ度の平均: 5
5 シンプルで、タンタンに、モクモクと
5 決して遠すぎないところにある大きな愛
5 人間が持つ心の寂しさを癒してくれます。

(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

人間に見捨てられ道端で死のうとする老犬の頭を撫でながらマザー・テレサは語りかけます。あなたは大切な犬なのだと。
なんて事はなかったのでしょうね。マザーの愛は人間オンリーだったのでしょうね。人間以外には愛はなかったのでしょう。きっと動物には愛されなかったでしょう。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む