「幸運を引きよせるスピリチュアルブック」江原啓之

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―

(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点


●物質を説明するとき、私たちは「分子」という概念を使います。
 水は、水素と酸素が結合したものですね。


 しかし、正確にはさらに小さな構造があるので
 「分子」という概念はあくまでも分りやすく説明するための
 道具にすぎません。


●同じようにこの本では人生を生きるコツを、
 守護霊、指導霊、波動などの概念を使って
 分りやすく説明してくれるのです。


 ・人の評価や噂は貴重なメッセージとして、
  大切に受けとってください。
  人からの評価は、一喜一憂すべきものでも、
  無視すべきものでもありません。
  冷静に耳を貸すべきものなのです。(p26)


●ですから、スピリチュアルとは言いますが、
 内容はよくある一般的な成功理論、
 成功哲学なのです。


 それをスピリチュアル(精霊)という道具を使って、
 一般の人でも受け入れやすくしている点が
 素晴らしいところだと思います。


 ・アフター5は、未来に直結する時間です。
  10年後、「こうなっていたい」というビジョンを実現するために、
  アフター5を有効に活用し、
  10年後の自分を考えた行動を
  とってください。(p246)


●人に「もっと笑ったら」と言うよりも、
 「笑うとよい守護霊がつくんだよ」と
 言ったほうが、受け入れやすいものなのです。

 ・すべての出会いは、必然なのです。
  不必要な縁はありません。波長の法則
  によって、同じような人とひきあったり、
  自分に足りないものを持っているから
  呼びよせたりして、出会うのです。(p176)


¥2,940の愛蔵版が文庫と同じくらい売れているのが、
 この本の価値を証明していると思います。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・経験がなければ自信が持てなくて当たり前。
  経験を積めばおのずと自信はついてきます。
  こうゆうことは、あれこれ悩まずに、
  機械的、実務的に考えましょう。(p193)


 ・会社で働いている人はみな、
  上司であるあなたを含めて未熟です。
  未熟な人間が働いているのです。
  どんな人間に対しても、
  杓子定規な考え方はうまくいきません。
  その人間が、いかにしてこの現世で生きていけるのか、
  そこまで考えてください。


幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―
江原 啓之
三笠書房 (2001/03)
売り上げランキング: 586
おすすめ度の平均: 4.25
5 娘からのプレゼント
5 プレゼントして喜ばれています。
5 幸運を引き寄せるスピリチュアル・ブック

(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む