「スターバックス成功物語」ハワード・シュルツ、ドリー・ジョーンズ

| このエントリーをはてなブックマークに追加
スターバックス成功物語
ハワード シュルツ ドリー・ジョーンズ ヤング Howard Schultz Dori Jones Yang 小幡 照雄 大川 修二
日経BP社 (1998/04)
売り上げランキング: 13,182
おすすめ度の平均: 4.23
4 スターバックスで働いてみたくなりました。
4 自分の大好きを多くの人に
4 コーヒーを味わいながら

(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)


●今はどこでも見られるスターバックス。

 原点はシアトルに開店した
 最高級の深煎りコーヒー豆を販売する
 「こだわりコーヒー豆売りショップ」でした。


 この小さな「こだわりコーヒー豆売りショップ」に
 可能性を見出したのが、
 ニューヨークの多国籍企業で働く著者の
 ハワード・シュルツなのです。

 彼は安定した仕事を捨てて
 スターバックスへ転職します。


●その後、スターバックスで
 エスプレッソ・バーの実験に成功するものの
 経営方針の違いから退職。

 自ら資金を集めてエスプレッソ・バー
 「イル・ジョルナーレ」を立ち上げます。

 そして、スターバックスの買収まで
 ジェットコースターのように試練にぶちあたります。


●彼が伝えたかったのは、

 「夢をもつこと」

 そして

 「決して、決して諦めるな」

 ということです。


 ・私が本書を執筆したのは、
  どんなにあざけられようとも勇気をもって
  自分の夢に挑戦しつづけてもらいたい
、と思うからだ。
  無責任な批判にくじけてはならない。(p9)


●これだけ成功したスターバックスが、
 実はなんども運命の分かれ道に
 出会っていたというのには驚きでした。

 ちょっとでもハワード・シュルツがくじけていたら、
 今、私たちはスターバックスのコーヒーを
 飲むことはなかったのです。


●スターバックスの成長の軌跡に人間の信念の力を感じました。


■各章の始めに引用されている名言は
 非常にレベルの高いものばかりです。

 この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・存在するものだけを見て「なぜそうなのか」と考える人もいるが
  私は存在しないものを夢見て「なぜそうでないのか」と考える
  チャンスがあったと言う人は、
  おそらく一度もチャンスをつかまなかったのだ。
  (ジョージ・バーナード・ショー)(p48)


 ・夜、疲れた心の片隅で夢見る者は、
  目覚めとともに夢の空しさを知る。
  だが、真昼に夢見る者たちは心せよ。
  彼らはしかと目を見開き、夢を実現させるであろう。
  (トーマス・エドワード・ロレンス)(p128)


スターバックス成功物語
ハワード シュルツ ドリー・ジョーンズ ヤング Howard Schultz Dori Jones Yang 小幡 照雄 大川 修二
日経BP社 (1998/04)
売り上げランキング: 13,182
おすすめ度の平均: 4.23
4 スターバックスで働いてみたくなりました。
4 自分の大好きを多くの人に
4 コーヒーを味わいながら

(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)