「ユダヤ商法」マーヴィン・トケイヤー

| このエントリーをはてなブックマークに追加

ユダヤ商法

(評価:★★★★★:買いましょう。素晴らしい本です。)92点


●素晴らしい本です。国を持たないユダヤ人の知恵には感服します。
 ただし、価格が高い。


 これでは、お金持ちか、本当にこの本の価値を知っている人しか
 買わないのではないでしょうか。


 読まなくては、その価値を知りえないのですから。


●私の提案としては、この本を読むまえに、
 以下の本を読んで、その価値を認めたなら
 買っていただきたいと思います。


 価格はぜんぜん違いますが、内容的には同じくらい素晴らしい本です。


 下の本がいいと思ったら、「ユダヤ商法」も購入する価値があるはずです。


「ユダヤ5000年の教え」ラビ・マービン・トケイヤー、実業之日本社(2004/03)¥1,365
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)92点


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ユダヤ人は金を道具だと思っている。道具に支配される者はいない。
 だから、道具である金はたくさんもっていたほうが
 よいとされるのである。(p41)


・ロスチャイルド家は300年も前から、
 情報が金を生むことを知っていたのである。(p107)


・『タルムード』は、一クラス二五人を超えることを禁じている。(p134)


・『タルムード』では、【自分の下に『私にはわかりません』
 という言葉を千回繰り返して教えなさい】といった教えが
 頻繁に出てくる。(p139)


・『タルムード』によれば、イマジネーションを作動させるためには
 三つの引き金があると説いている。それは
 「自己あるいは他人との対話」「読書」「執筆」の三つである。(p148)


・知力を高い水準に保つには、いつも新しい知的な刺激を
 受けることが必要だということは、
 運動ほどにはよく認知されていない。(p151)


・ほかの人よりも優れている人は、本当に優れているとはいえない。
 以前の自分よりも優れている人は、本当に優れている人と呼べる(p155)


ユダヤ商法
ユダヤ商法
posted with amazlet at 10.04.18
マーヴィン・トケイヤー
日本経営合理化協会出版局
売り上げランキング: 250966
おすすめ度の平均: 4.5
3 豪華な装丁と本棚の肥やし
5 忘れられない言葉に出会う
5 人生で何冊こんな本と出会ことが出来るのだろうか
5 ユダヤ人ーロスチャイルド視点
5 生涯出会った最高の本の一つ

(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)92点


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)