「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」

| このエントリーをはてなブックマークに追加

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)87点


●最近、大学で企業家を育てる!などと言っていますが、
 その本当の意味がよく分かる本です。


 企業家とはビジネスの仕組みを
 作る人なんですね。


・E(従業員)はシステムのために働く
 S(自営業者)は本人がシステムとなって働く
 B(ビジネスオーナー)はシステムを作り出したり、
   管理したりする
 I(投資家)はシステムにお金を投資する(p167)


●私は、高校で、この本で言う
 「従業員」「自営業者」「ビジネスオーナー」「投資家」
 という区分けを教えてもらいたかったですね。


 世の中を見る視点として、
 微分積分より必要だと思います。


●でもそれは永遠にないでしょう。


 だからこそ、この本を読まなくてはなりません。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「経済的自由なしには、
  ほんとうの自由を手に入れることはできない」
  金持ち父さんはよう言っていた。(p6)


<お金が大切なのではなく、経済的自由が大切なのです>


・私はよくこんなふうに自問する
 「私はいまパイプラインを建設しようとしているのか、
 それともバケツで水を運ぼうとしているのか?」(p12)


<これは仕事でも利用できそうです。私は作業をしているのか、
 それとも仕事の仕組みを作ろうとしているのか・・>


・株を買う人には絶対なってはいけない。
 きみが大人になったときに目指すのは、
 株式ブローカーが売り買いするような株を
 作り出す人間になることだ。(金持ち父さん)(p108)


<なるほど。社会に役立つ組織、仕組みを作り出すのが大切なんですね>


・「そんなことはあなたにはできない」
 という言葉はかならずしも
 「あなたにはできない」ということを意味しない。
 むしろ、それを言っている当人ができないことを
 意味していることの方が多い。(p135)


<私も「あなたにはできない」と言ってもらいたいタイプです。
 やればできるものがほとんどですから、すぐに復讐できます。>


・B(ビジネスオーナー)あるいはI(投資家)の
 クワドラントへの移動を考えている人は、
 まずは小さいところから始めること、
 そして、じっくり時間をかけることだ(p230)


<BとIには失敗というリスクがあります。
 取り返しのつかないリスクはとらないこと>


・貧乏父さんは、重要なのは給料だと思っていた
 金持ち父さんは、重要なのは
 不労所得だと教えてくれた(p288)


金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
ロバート キヨサキ
筑摩書房
売り上げランキング: 544

(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)87点


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)