「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」ジェームズ・C・コリンズ

| このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則


(私の評価:★★★★★)93点


ニューコアの方式は、
怠け者が勤勉にはたらくようになることを目指してはいない。
仕事熱心な従業員がはたらきやすく、
怠惰な従業員がバスから降りるか放り出されるように、
職場の環境を作り上げているのだ。

ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」ジェームズ・C・コリンズ


------------------------------------------------------------------

●日本で業績不振の会社が早期退職を実施すると、
 有能な人ほど退職していく傾向にあるそうです。


 これでは戦力が減っていくことになり、
 非常にまずい。


●一方、トヨタの工場では、
 「あそこは生き地獄だ」と言って脱落する人が多いのですが、
 結果して高いハードルに耐えることのできる人だけ残っている。


 これでは強くなる一方ですね。


●このことから、限りなく高いハードルを目指して努力する企業は、
 それに順応する従業員だけが残り、
 さらに発展する、という法則が成り立ちそうです。


 逆に楽な仕事をしている会社はどんどん弱くなる・・・・。


 うちの会社はどちらなんだろう?
 と思いました。


●私が共感したところは次のとおりです。


・偉大な企業への飛躍をもたらした経営者は、・・・
 まずはじめに適切な人をバスに乗せ、
 不適切な人をバスから降ろし
 その後にどこに向かうべきかを決めている。(p66)


・飛躍を導いた指導者は
 「やるべきこと」のリストと変わらないほど、
 「止めるべきこと」のリストを活用している。


・答えではなく、質問によって指導する(p118)


・各市場で一位か二位になれないのなら
 撤退するしかないことも学んだ。
 (ライル・エベリンガム)


●この本には、飛躍を続ける会社の分析から導きだされた意外な事実が記載されています。経営に関係する人はぜひ読んでみてください。


ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ジェームズ・C. コリンズ 山岡 洋一
日経BP出版センター
売り上げランキング: 508
おすすめ度の平均: 4.5
5 偉大な実績に必要なもの
5 我々の常識をことごとく覆す著作。
5 企業も基礎体力!

(私の評価:★★★★★)93点


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)