「国盗り物語 後編」司馬 遼太郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

と、ふと空しさをおぼえぬこともない。
人の一生というものは、ときに襲ってくるそういう
虚無とのたたかいといってもいい。


●信長は「敦盛」の次の部分だけを
 好んで舞ったといいます。


 人間五十年
 化転の内にくらぶれば
 夢幻のごとくなり


●人の一生ははかないものである。


 そうであるがゆえに、どういきるのかと
 考えることが必要なのではないでしょうか。


国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
売り上げランキング: 5383
おすすめ度の平均: 4.5
5 一人の漢の野望・・・そして夢。
4 道三の国盗り物語
4 「信長編」へと続く「信秀編」が見所
4 これぞ下剋上
5 司馬氏40代の作品、というつぶやきがムムムっと

本の評価★★★☆☆


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)