「この国のかたち(六)」 司馬 遼太郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

山本(権兵衛)は日露戦争の海戦を勝つべく設計し,十分に用意し,
結果はそのとおりになった。が,みずからの功を語ることなく,
戦後,東郷の功のみをほめたたえた。

■人は結果しか見ません。


 たとえ、それが十分準備されたものだとしても、
 結果しか見えないのです。

 
■世の中の結果は、ちょっとした差で変わります。


 そのちょっとした差で勝ったとしても、
 結果は圧勝だったりするのです。


 そう考えると、単純に結果だけを見ることは
 非常に危険なことなのかもしれません。


この国のかたち〈6〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 91806
おすすめ度の平均: 4.5
4 未完、その他の随想収録
4 続きが読みたい!
4 司馬史観の総まとめは、未完に終わった
5 今改めて日本を見つめなおす
5 歴史の中の海軍


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)